​Career Solution Labo.とは
「わかりあえない」ことを前提とした組織のチームビルディング。
Career Solution Labo.は、経営者やリーダーであるあなたの想いを伝わる形に言語化し、現場との橋渡し役となることで職位間のコミュニケーションギャップを解消し、従業員一人ひとりがモチベーション高く主体的に行動していく組織の風土と文化を形成するパートナーです。
・部下が思うように動いてくれない
・従業員のモチベーションに差がある
・育てた人材が辞めていく
・メンタル不調による休職者が増えている
・言われたことしかやらない能動的な従業員ばかり
このような悩みを抱えていませんか?

ダイバーシティという言葉が聞かれるようになって久しいですが、これまで以上に価値観が多様化し、また従業員間での世代間ギャップも広がっていく中で、いままでのマネジメントというものは通用しなくなってきています。
小さな組織(チーム)で重要になってくるのが、従業員1人ひとりの力です。
売り手市場と言われるいまの就活状況と、インターネット上で様々な情報が得られるようになったいま、自分に合った仕事や環境といったより良い条件を探して転職活動をされる方も多くいます。
 
経営者やリーダーの方に質問させてください。
 
あなたの声は従業員や部下に届いていますか?
あなたが目指す​方向にチームは動いていますか?
 
もしここにお悩みでしたら、少し考えてみて欲しいことがあります。
様々な経営者や現場を見てきた中で感じるのは、人は「わかりあえない」という前提に立った視点の欠如です。
組織というものは、異なる常識で成り立ち動いています。
ここで多くの組織はルールをつくりますが、誰も実行せず、形骸外してしまい機能しなくなってしまう。
そんな組織や現場をたくさん見てきました。
ここでの問題はひとつ。
順番です。
どんなに素敵な理念やビジョン、組織をつくるためのルールや施策があったところで、それが伝わる組織の土台(信頼関係)がなければ、それらが機能することはありません。
あなたの声が伝わる、組織の土台ができていますか?
あなたが守って欲しいルールや規律が浸透していますか?
そして部下からの本音を拾う仕組みができていますか?​
これらが揃って、初めて組織はシステム化されていくのです。​
小さな組織においては、生産性の向上と人材の育成・定着が大きな課題です。
組織の人に関する悩みや課題を、共に悩み、共に考え、ご相談者様が望む理想のチームづくりを、外部の相談支援機関としてサポートしていきます。

ABOUT

≪代表プロフィール≫
伊藤 真哉(いとう しんさい)
キャリアモチベーター 時々 落語家
【略歴】
大学卒業後、飲食チェーン企業に就職。
店長として運営管理全般から新規店舗の立ち上げに携わる。
自身のマネジメントの失敗経験から、「部下が使えないと嘆く人が使えない」を信念に、一人ひとりの良さを活かしたチームビルディングを行い、東日本で600店舗中2位の販売実績をあげる。
その後、自身の転職活動の経験からキャリア選択の重要性を実感し、キャリアコンサルタントの資格を取得。
障がい者の就労支援施設の施設長として職業訓練から就職支援、障がい者が働く飲食店の立ち上げを行う。その後、企業のメンタルヘルスサポートに携わったのち独立。
仕事が原因でのうつ病などのメンタル不調者の発生を減らすため、経営者のコーチングや従業員のカウンセリング、社員研修を通じ、セルフフマネジメント力の向上と組織の風土づくりをサポート。
現在は、笑生十八番一門会として、時々落語もやっている。
​​(詳細はこちらもご覧ください → note しんさい工房 で連載中)
【保有資格・検定】
・キャリアコンサルタント(国家資格)
・日本実務能力開発協会認定コーチ
・3級ファイナンシャル・プランニング技能士
・雇用環境整備士(第Ⅱ種:障害者)
・メンタルヘルスマネジメント検定(Ⅱ・Ⅲ種)
 
【著書】
「部下が使えない」と嘆く人こそ「使えない」  
メンタル不調者を発生を防ぐ、次世代リーダーの条件
(Amazonにて絶賛発売中!)​

 

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.