検索
  • 伊藤真哉

「気にしすぎ」もひとつの才能

「相手に嫌な思いをさせてしまったかもしれない…」

「自分がどう思われているのか気になる…」

「きっと嫌われたに違いない…」

自分の言動やとった行動に対して、

自分がどう思われる(た)のかが気になってしまい、

悩まれる方もいるのではないでしょうか?

相手に確認できるでもなく、

気にはなるけれど解決しないということもあり、

こんな時は苦しい状態が続いてしまいがちです。

また、そんな状態で過ごしていると、

さらに色々なことに敏感になってしまい、

ストレスを感じることも多いと思われます。


ところで、

「気にし過ぎ」「悩み過ぎ」 というと、

少しネガティブな印象を受けてしまいがちですが、

果たして、それは悪いことなのでしょうか?

「神は細部に宿る」という言葉があります。

iphoneなどで有名なスティーブ・ジョブズ氏に、

こんなエピソードがあったと言われています。

新作のパソコンができあがった時の話。

ジョブズ氏は、職人からその新作のパソコンを

受け取ると、パソコンの後ろのネジを外し、

中身の基盤を見たそうです。

そしてその時、職人に向かって、

「この基盤の形が気に入らない。

作り直してくれ。」

と叫んだそうです。

職人も、

「そんなところはお客様だって、誰も見ないですよ? 本当に作り直すんですか?」

と答えたそうですが、

「俺が気に入らないんだ」


と、ジョブズ氏に言われ作り直したそうです。

少し極端な例かもしれませんが、

ジョブズ氏も大変にこだわりがあり、

小さな部分まで気にされる方だったことが、

このエピソードからも伝わってきます。

ジョブズ氏には、

こういったエピソードは多数あるのですが、

そういう、私たちがあまり気にしないような細かな

ところまで気にする方であったからこそ、

使い心地のよいデザインの物が生まれたり、

読みやすいフォントが使われていたりするのです。


小さなことを気にし過ぎる方は、別の見方をすれば、

・細かなことにも気が付く

・配慮がいきとどく

・物事にも慎重に当たってくれる

というような人であるとも言えます。

色々なことが気になり、悩んでしまう人は、

人の心の痛みを理解し、寄り添うことのできる人

でもあるのです。

つい、ネガティブに捉えてしまいがちな、

「気にしすぎ」という特徴も、立派な才能であり、

また、そういう人たちがいるからこそ、

人に感動を与えるようなサービスを提供する

ことができたりもします。

「気にしすぎ」で悩まれている人がいたら、

その特性をプラスに活かしてみてください。

そういう視点で見てみると、

あなたにしかできないことや、気が付けないこと

たくさんあるはずですよ!

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

職場で嫌いな人がいるとき

「もうあの人とは一緒に働けない」 そのような相談を受けることが よくあります。 人それぞれ価値観は違いますので、 これだけ日常生活の中でいろんな人と 関わっていると、自分と肌が合わない 人は確かにいるものです。 こちらとしては好意を持っていても、 なぜか相手からは距離を置かれて いて、うまく関係性を築けなかったり ということが、私にもあります。 どうしても嫌いな(苦手な)人と接しな ければならない

愚痴をうまく利用する

職場でも友人でも、会うたびに必ずと 言っていい程、ぐちを言う人がいます。 正直な話、私の周りにもいます。 ぐちを言いたい気持ちは、わからなくも ありません。 ついそういう言葉が出てきてしまうこと もあれば、ぐちをこぼすことで少し気が 紛れるという効果もあると思います。 ですが、本人にとってはよくても、 ぐちを聞かされた方にとっては、 ただただ嫌な気分になるだけで、 迷惑にもなりかねません。 そのよ

相手の習慣を覚えておく

私事ではあるのですが、私は、 まったくアルコールが飲めません。 弱いといったレベルではなく、身体が 拒否を起こすので、注射のときの 消毒もアルコールではないもの(?) を使ってもらっています。 真っ赤になっちゃうんですよね(^_^;) ですが、 飲み会の席の雰囲気は好きで、 よく参加します。 私が最初に決まって頼むのは、 「ジンジャエール」 です。 単純に味が好きなのと、色味と炭酸が ちょっとだけ

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.