検索
  • 伊藤真哉

あきらめる勇気

最近はストレスについてブログを

書いていましたが、普段生活して

いると、思い通りにいかないこと

が多いですね。

もちろん、その中には我慢も

発生します。

あの人が苦手だけど、同じ職場だし、

仲良くしなきゃいけない…

休みもなく残業続きでしんどいけど、

家族を養うためには仕方ない…

世間体もあるから、簡単に仕事を

辞める訳にもいかない…

生きていると、いろんな我慢が

つきものです。

そして、

頑張る = 美徳(良い)


あきらめる = 根性なし(悪い)

みたいなところが、雰囲気として

ある気がします。

あなたにも、何か我慢しながら

頑張っていることがあるのでは

ないでしょうか?

もちろん、必要な我慢もあります。

また、何か向かって頑張っている

人は素敵だなとも思います。

ただ、かといって 「あきらめる」

のが必ずしも悪いことかというと、

そうとも言えません。

人は、迷いや苦しみの中にいると、

思考の幅や視野も狭くなり、同じ

悩みの中でグルグルしてしまう

ところがあります。

なかなか、新たな考えも出てこなく、

ネガティブにもなりがちです。

頑張っているけどつらい…

そんなときは思い切って、

「あきらめる」

という選択肢を持ってみるのも、

ひとつではないでしょうか?

苦しい中で頑張り続けるよりも、

あきらめてみることで、出てくる答え

や開ける道もたくさんあります。

もちろん、ただ単に、

「なんでも我慢するのをやめて、

無理せずあきらめたらいい」

というわけではありません。

あなたが我慢していてつらいなと

感じるときは、どんなときでしょうか?

それはたぶん、

その先に自分の求めている

ものがないとき


ではないかと思います。

あなたにも、何かに没頭したという

経験があるのではないでしょうか?

例えば、部活。

例えば、受験。

「大会で優勝したい!」

「志望校に合格したい!」

目標が明確にあったときは、

どんなに厳しい練習でも、

どんなにしんどい勉強でも、

頑張ってこれたのではないでしょうか?

頑張っていてもつらいとき。

そんなときは、

いま進んでいる道が間違っていないか?

その先に自分の目指す理想像があるか?

というのを見つめ直してみましょう。


先が見えない我慢ほど、

しんどいものはありません。

少し前に、


「逃げるは恥だが役に立つ」


という大ヒットドラマもありました。

我慢し過ぎることで、体調を崩して

しまうこともあります。

ときには、

我慢することばかりに注力せずに

我慢しないことに注力してみる

という選択があってもいいのです。

しかし逆に、この我慢を乗り越えた

先に、自分の求めるものがあるの

であれば、その経験が後にあなたの

自信にもつながります。

だからこそ、まずはいまの苦しみの

先に何があるのかを見つめ直して

みる必要があるのです。

あなたのいま頑張っている我慢は、

なんのための我慢ですか?

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

職場で嫌いな人がいるとき

「もうあの人とは一緒に働けない」 そのような相談を受けることが よくあります。 人それぞれ価値観は違いますので、 これだけ日常生活の中でいろんな人と 関わっていると、自分と肌が合わない 人は確かにいるものです。 こちらとしては好意を持っていても、 なぜか相手からは距離を置かれて いて、うまく関係性を築けなかったり ということが、私にもあります。 どうしても嫌いな(苦手な)人と接しな ければならない

愚痴をうまく利用する

職場でも友人でも、会うたびに必ずと 言っていい程、ぐちを言う人がいます。 正直な話、私の周りにもいます。 ぐちを言いたい気持ちは、わからなくも ありません。 ついそういう言葉が出てきてしまうこと もあれば、ぐちをこぼすことで少し気が 紛れるという効果もあると思います。 ですが、本人にとってはよくても、 ぐちを聞かされた方にとっては、 ただただ嫌な気分になるだけで、 迷惑にもなりかねません。 そのよ

相手の習慣を覚えておく

私事ではあるのですが、私は、 まったくアルコールが飲めません。 弱いといったレベルではなく、身体が 拒否を起こすので、注射のときの 消毒もアルコールではないもの(?) を使ってもらっています。 真っ赤になっちゃうんですよね(^_^;) ですが、 飲み会の席の雰囲気は好きで、 よく参加します。 私が最初に決まって頼むのは、 「ジンジャエール」 です。 単純に味が好きなのと、色味と炭酸が ちょっとだけ

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.