検索
  • 伊藤真哉

あきらめる勇気

最近はストレスについてブログを

書いていましたが、普段生活して

いると、思い通りにいかないこと

が多いですね。

もちろん、その中には我慢も

発生します。

あの人が苦手だけど、同じ職場だし、

仲良くしなきゃいけない…

休みもなく残業続きでしんどいけど、

家族を養うためには仕方ない…

世間体もあるから、簡単に仕事を

辞める訳にもいかない…

生きていると、いろんな我慢が

つきものです。

そして、

頑張る = 美徳(良い)


あきらめる = 根性なし(悪い)

みたいなところが、雰囲気として

ある気がします。

あなたにも、何か我慢しながら

頑張っていることがあるのでは

ないでしょうか?

もちろん、必要な我慢もあります。

また、何か向かって頑張っている

人は素敵だなとも思います。

ただ、かといって 「あきらめる」

のが必ずしも悪いことかというと、

そうとも言えません。

人は、迷いや苦しみの中にいると、

思考の幅や視野も狭くなり、同じ

悩みの中でグルグルしてしまう

ところがあります。

なかなか、新たな考えも出てこなく、

ネガティブにもなりがちです。

頑張っているけどつらい…

そんなときは思い切って、

「あきらめる」

という選択肢を持ってみるのも、

ひとつではないでしょうか?

苦しい中で頑張り続けるよりも、

あきらめてみることで、出てくる答え

や開ける道もたくさんあります。

もちろん、ただ単に、

「なんでも我慢するのをやめて、

無理せずあきらめたらいい」

というわけではありません。

あなたが我慢していてつらいなと

感じるときは、どんなときでしょうか?

それはたぶん、

その先に自分の求めている

ものがないとき


ではないかと思います。

あなたにも、何かに没頭したという

経験があるのではないでしょうか?

例えば、部活。

例えば、受験。

「大会で優勝したい!」

「志望校に合格したい!」

目標が明確にあったときは、

どんなに厳しい練習でも、

どんなにしんどい勉強でも、

頑張ってこれたのではないでしょうか?

頑張っていてもつらいとき。

そんなときは、

いま進んでいる道が間違っていないか?

その先に自分の目指す理想像があるか?

というのを見つめ直してみましょう。


先が見えない我慢ほど、

しんどいものはありません。

少し前に、


「逃げるは恥だが役に立つ」


という大ヒットドラマもありました。

我慢し過ぎることで、体調を崩して

しまうこともあります。

ときには、

我慢することばかりに注力せずに

我慢しないことに注力してみる

という選択があってもいいのです。

しかし逆に、この我慢を乗り越えた

先に、自分の求めるものがあるの

であれば、その経験が後にあなたの

自信にもつながります。

だからこそ、まずはいまの苦しみの

先に何があるのかを見つめ直して

みる必要があるのです。

あなたのいま頑張っている我慢は、

なんのための我慢ですか?

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

チームのパフォーマンスは〇〇の数で決まる

ダイバーシティ(多様性)という言葉を 耳にする機会が増えてきました。 労働人口の減少にも伴い、高齢者や 障がい者、外国人など、多様な人材を 活かしていける組織体制を築いていく ことが、企業に求められてきています。 この「多様性」というものは、何も年齢 や障がいの有無、国籍などに限った 話ではありません。 あなたの職場を思い出してみても、 いろんなタイプの人がいるのではない でしょうか? いつもニコ

イライラしてしまう相手には…

あなたは職場でイライラすることが ありますか? 例えば、 「上司の態度がムカつく」 「部下のできなさがストレス」 「同僚の言動が気になる」 人は2人以上集まると対立が生まれる と言われるように、集団の中で生活して いくと、このようなストレスは起きやすい ものかもしれません。 そういう私も、どちらかというとイライラ してしまう方でした。 初めてマネジメント職に就いたときは、 部下の意識の低さや責任感

やる気が出ないのは〇〇じゃないせい

「テンションが下がった…」 「モチベーションが上がらない…」 どちらも、なんとなくやる気が出ない ときに出てきそうな言葉ですね。 特にお正月明けのいまなんか、こんな 気持ちの人も多いのかもしれません。 (もう今年も10日も経つんですね) ところで、 「テンション」 と 「モチベーション」 の違いってなんでしょうか? どちらも似たような意味合いで使われて いる印象があるかもしれません。 ですが、この

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.