検索
  • 伊藤真哉

あなたの可能性を0(ゼロ)にしてしまう言葉

先日、落語を聴きに

行ってきたんですけど、


人を言葉だけで楽しませられる

っていうのはスゴいですね。

道具もいらず、場所も選ばず、

自分の身ひとつで人を楽しい

気持ちにさせられる。


すっかり魅了されてしまいました。

むしろ、自分もやってみたいな

と思ったぐらいにして。

いろいろなものに触れることで、

興味が刺激されますね。

あなたにも、


興味を持ってみたものの、

まだチャレンジできていないこと


ってありませんか?

人は基本的には変化を嫌う

生き物です。


「これやってみたい!」

「自分を変えたい!」

「本当はやりたい仕事がある!」

こんな風に思うことはあるけれど、

これを行動に移すのって、とても

勇気がいりますよね。


やるのもやらないのも、

結局は自分が決めること。


だけど、実際にやるのは難しい。


そんなとき、どんな考えがあなたの

行動を妨げるのでしょうか?


あなたの可能性を0(ゼロ)にして

しまう言葉。


それは、


「どうせ」


という言葉です。


「これやってみたい!」

どうせ自分にはやれっこないよ

「自分を変えたい!」

どうせ頑張ってもムダだ

「本当はやりたい仕事がある!」

どうせ自分なんかには…

このように、「どうせ」 がつくと

その後には否定的な言葉が

ついてきてしまいます。


そうなってしまうと、

当然うまくいく方法を考えること

なんてしなくなってしまいます。


その時点で、せっかく持った興味

や自分の気持ちは、そこで消えて

しまうのです。


では、どうしたらいいのか?


そんなときは、

「どうしたら」

という言葉を使ってみましょう。


どうしたらできるだろう?

どうしたら変われるだろう?

どうしたら実現するだろう?

以前のブログでも書きましたが、

このような質問を自分に投げかける

ことで、潜在意識ができる方法を

探し始めます。


やるのもやらないのも自分次第。


あえてやらないことで、

「あのときチャレンジして

いれば違ったハズだ」


と、こころの保険を掛けておくのも

自分を支えるひとつの方法かも

しれません。

でも、何か変化を起こしたいという

ような人は、「どうしたら」 を口癖に

するところから始めてみてください。


それだけで、あなたの意識は未来に

向かっていきますよ!

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

職場で嫌いな人がいるとき

「もうあの人とは一緒に働けない」 そのような相談を受けることが よくあります。 人それぞれ価値観は違いますので、 これだけ日常生活の中でいろんな人と 関わっていると、自分と肌が合わない 人は確かにいるものです。 こちらとしては好意を持っていても、 なぜか相手からは距離を置かれて いて、うまく関係性を築けなかったり ということが、私にもあります。 どうしても嫌いな(苦手な)人と接しな ければならない

愚痴をうまく利用する

職場でも友人でも、会うたびに必ずと 言っていい程、ぐちを言う人がいます。 正直な話、私の周りにもいます。 ぐちを言いたい気持ちは、わからなくも ありません。 ついそういう言葉が出てきてしまうこと もあれば、ぐちをこぼすことで少し気が 紛れるという効果もあると思います。 ですが、本人にとってはよくても、 ぐちを聞かされた方にとっては、 ただただ嫌な気分になるだけで、 迷惑にもなりかねません。 そのよ

相手の習慣を覚えておく

私事ではあるのですが、私は、 まったくアルコールが飲めません。 弱いといったレベルではなく、身体が 拒否を起こすので、注射のときの 消毒もアルコールではないもの(?) を使ってもらっています。 真っ赤になっちゃうんですよね(^_^;) ですが、 飲み会の席の雰囲気は好きで、 よく参加します。 私が最初に決まって頼むのは、 「ジンジャエール」 です。 単純に味が好きなのと、色味と炭酸が ちょっとだけ

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.