検索
  • 伊藤真哉

あなたの可能性を0(ゼロ)にしてしまう言葉

先日、落語を聴きに

行ってきたんですけど、


人を言葉だけで楽しませられる

っていうのはスゴいですね。

道具もいらず、場所も選ばず、

自分の身ひとつで人を楽しい

気持ちにさせられる。


すっかり魅了されてしまいました。

むしろ、自分もやってみたいな

と思ったぐらいにして。

いろいろなものに触れることで、

興味が刺激されますね。

あなたにも、


興味を持ってみたものの、

まだチャレンジできていないこと


ってありませんか?

人は基本的には変化を嫌う

生き物です。


「これやってみたい!」

「自分を変えたい!」

「本当はやりたい仕事がある!」

こんな風に思うことはあるけれど、

これを行動に移すのって、とても

勇気がいりますよね。


やるのもやらないのも、

結局は自分が決めること。


だけど、実際にやるのは難しい。


そんなとき、どんな考えがあなたの

行動を妨げるのでしょうか?


あなたの可能性を0(ゼロ)にして

しまう言葉。


それは、


「どうせ」


という言葉です。


「これやってみたい!」

どうせ自分にはやれっこないよ

「自分を変えたい!」

どうせ頑張ってもムダだ

「本当はやりたい仕事がある!」

どうせ自分なんかには…

このように、「どうせ」 がつくと

その後には否定的な言葉が

ついてきてしまいます。


そうなってしまうと、

当然うまくいく方法を考えること

なんてしなくなってしまいます。


その時点で、せっかく持った興味

や自分の気持ちは、そこで消えて

しまうのです。


では、どうしたらいいのか?


そんなときは、

「どうしたら」

という言葉を使ってみましょう。


どうしたらできるだろう?

どうしたら変われるだろう?

どうしたら実現するだろう?

以前のブログでも書きましたが、

このような質問を自分に投げかける

ことで、潜在意識ができる方法を

探し始めます。


やるのもやらないのも自分次第。


あえてやらないことで、

「あのときチャレンジして

いれば違ったハズだ」


と、こころの保険を掛けておくのも

自分を支えるひとつの方法かも

しれません。

でも、何か変化を起こしたいという

ような人は、「どうしたら」 を口癖に

するところから始めてみてください。


それだけで、あなたの意識は未来に

向かっていきますよ!

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

チームのパフォーマンスは〇〇の数で決まる

ダイバーシティ(多様性)という言葉を 耳にする機会が増えてきました。 労働人口の減少にも伴い、高齢者や 障がい者、外国人など、多様な人材を 活かしていける組織体制を築いていく ことが、企業に求められてきています。 この「多様性」というものは、何も年齢 や障がいの有無、国籍などに限った 話ではありません。 あなたの職場を思い出してみても、 いろんなタイプの人がいるのではない でしょうか? いつもニコ

イライラしてしまう相手には…

あなたは職場でイライラすることが ありますか? 例えば、 「上司の態度がムカつく」 「部下のできなさがストレス」 「同僚の言動が気になる」 人は2人以上集まると対立が生まれる と言われるように、集団の中で生活して いくと、このようなストレスは起きやすい ものかもしれません。 そういう私も、どちらかというとイライラ してしまう方でした。 初めてマネジメント職に就いたときは、 部下の意識の低さや責任感

やる気が出ないのは〇〇じゃないせい

「テンションが下がった…」 「モチベーションが上がらない…」 どちらも、なんとなくやる気が出ない ときに出てきそうな言葉ですね。 特にお正月明けのいまなんか、こんな 気持ちの人も多いのかもしれません。 (もう今年も10日も経つんですね) ところで、 「テンション」 と 「モチベーション」 の違いってなんでしょうか? どちらも似たような意味合いで使われて いる印象があるかもしれません。 ですが、この

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.