検索
  • 伊藤真哉

なんで第一印象が大切なのか?

以前、 「人は見た目が100%」 というドラマがやっていました。

少し前では、 「人は見た目が9割」

なんていう本が出たりと、

第一印象を気にする方が増えてきています。

就職活動のときなど、面接官への印象をよくするために、

スーツのサイズ感やネクタイの色、髪形や表情などを、

教わったり練習したりというご経験のある方も多いのでは

ないでしょうか?

そもそも、なぜ第一印象が大切なんでしょう

私たちは人と出会うとき、

「いい人そう」

「イヤな感じのする人だな」

というような漠然とした印象に引っ張られて、

相手の全体像をくり込んでしまいます。

しかも、最初につくられた印象は修正されにくく、

むしろ増していくということがわかっています。

この現象のことを、心理学では

初頭効果」 呼ばれています。

では、なぜ初頭効果が起こるのか

それは、

人は自分の正しさを確かめるような情報

ばかりを集めてしまう

からです。

例えば、第一印象で「嫌な人」と思った人を

想像してみてください。

その人が職場で上司に笑顔で話しかけていたとします。

そんなとき、どんなことを思うでしょう?

「上司の前でだけいい人ぶって」

「上司にゴマすっていた」

なんてことを思い、

やっぱり嫌な人だ」 ということ確認できるような

情報ばかりに目がいくようになってしまいます。

みなさの周りにも、

そうすることで、

自分が思った通りだ(正しかった)

と、自分を肯定しようとしてしまうのです。

つまり、そういうメカニズムにより、

最初に与えた印象を覆すのは難しいと考えられます。

これは逆のパターンにも言えますね

最初に良い印象を持ってもらえたら、

自分の行動ひとつひとつが、

「やっぱりいい人なんだ」

という確認につながります。

たかが第一印象。

されど第一印象。

相手と良好な人間関係を築いていく上では、

良い印象を持ってもらえた方が得策ですね!


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

チームのパフォーマンスは〇〇の数で決まる

ダイバーシティ(多様性)という言葉を 耳にする機会が増えてきました。 労働人口の減少にも伴い、高齢者や 障がい者、外国人など、多様な人材を 活かしていける組織体制を築いていく ことが、企業に求められてきています。 この「多様性」というものは、何も年齢 や障がいの有無、国籍などに限った 話ではありません。 あなたの職場を思い出してみても、 いろんなタイプの人がいるのではない でしょうか? いつもニコ

イライラしてしまう相手には…

あなたは職場でイライラすることが ありますか? 例えば、 「上司の態度がムカつく」 「部下のできなさがストレス」 「同僚の言動が気になる」 人は2人以上集まると対立が生まれる と言われるように、集団の中で生活して いくと、このようなストレスは起きやすい ものかもしれません。 そういう私も、どちらかというとイライラ してしまう方でした。 初めてマネジメント職に就いたときは、 部下の意識の低さや責任感

やる気が出ないのは〇〇じゃないせい

「テンションが下がった…」 「モチベーションが上がらない…」 どちらも、なんとなくやる気が出ない ときに出てきそうな言葉ですね。 特にお正月明けのいまなんか、こんな 気持ちの人も多いのかもしれません。 (もう今年も10日も経つんですね) ところで、 「テンション」 と 「モチベーション」 の違いってなんでしょうか? どちらも似たような意味合いで使われて いる印象があるかもしれません。 ですが、この

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.