検索
  • 伊藤真哉

やる気が出ないのは〇〇じゃないせい

「テンションが下がった…」

「モチベーションが上がらない…」


どちらも、なんとなくやる気が出ない

ときに出てきそうな言葉ですね。


特にお正月明けのいまなんか、こんな

気持ちの人も多いのかもしれません。

(もう今年も10日も経つんですね)


ところで、

「テンション」「モチベーション」

の違いってなんでしょうか?

どちらも似たような意味合いで使われて

いる印象があるかもしれません。


ですが、この2つ。

全く違うものになります。


この2つには、

「テンション」

=身体的で一時的なもの

「モチベーション」

=精神的で中長期的なもの

といった違いがあります。

ハイテンションなんて言葉もありますが、

テンションというのは、その日、その瞬間、

やる気があがることを言います。

何かの試合の前に、大きな声を出して

気合を入れたりする場面を見たことが

あるのではないでしょうか?

あれもいわゆるテンションを上げる

行動です。


それに対して「モチベーション」は、

自分が行動する源のようなもので、

『なんで行動するのか?』

という意志や信念といった動機のこと

を言います。


テンションは一時的なものなので、

いつかは下がってしまいますが、


モチベーションはその源が変わったり、

意志や信念を忘れてしまわない限り

続くことになります。

どちらが良いとか悪いとかではなく、

どちらも必要なものになります。


ノルマを達成するために、部下のやる気

を出させようと気合いを入れることが

あるかもしれません。


これもときには必要な手段です。


ただ、それはテンションに働きかけて

いるので、一時的な効果しか生みません。


この性質を理解していないと、

やる気の出る出ないに悩まされかねない

のです。


では、どうしたらテンションの他に、

今後も長く続くようなモチベーション

働きかけることができるのでしょうか?




それは、

目標を明確化する



ことです。

あなたもこれまでに目標を立てたことが

あると思います。


今年の目標を立てたばかりだったり

するかもしれませんね。

ところで、これまで立ててきた目標は、

達成できていましたか?

私は、結構達成できていない目標もあったりします…


仕事においても、人事制度なども含め

目標を立てる方が多いと思いますが、

意外とここが苦手な人が多いのです。

ダイエットを頑張るぞ!!!

と運動を始めても3日坊主。

まさに、テンションは上がったけど、

モチベーションが上がっていない

状態の典型例です。


では、どうやって目標を明確化

していけばよいのか?


それは、

「なんのために?」

を深堀りしていくことです。

「5kg痩せたい」


「なんのために?」


「見た目をよくしたい」


「なんのために?」


「自分に自信をつけたい」


「なんのために?」

「素敵な恋人をつくりたい」


こんな風に、「なんのために?」を

繰り返すことで、あなたの本来の目的が

見えてきます。


その目的がより具体的で、それを

達成できたときに自分に何が起こり、

どんなワクワクが待っているのかを

想像できれば完璧です。


思い出すだけでワクワクする

それぐらいまで、目標を噛み砕き

ましょう。


それが、あなたのモチベーションの

維持につながります。


組織においても同じです。


あなたは、なんのために働いてますか?

あなたの会社、あなたの部署の目標は

なんですか?

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

職場でのストレスの原因

毎年、厚生労働省が行っている、 労働安全調査 というものがあるのを ご存知でしょうか? これは、事業所が行っている安全管理の 取り組み状況や、そこで働く労働者の 仕事上の不安やストレスについて把握 するための調査になっています。 これまで、職場の不安やストレスの原因は 人間関係 と言われていましたが、実は前回の調査 結果(平成28年)では、 仕事の質・量 に変化しております。 これは、有効求人倍率

行動するにはやる気が必要なのか?

モチベーションと聞くと、どんなイメージを お持ちでしょうか? 辞書には、 『人が行動を起こすときの動機』 なんて風に書かれていることが多いです。 つまり、先にモチベーション(やる気)が あって、それに基づいて行動があると 考えられています。 一般的にはそうなのですが、中には 例外もあります。 あなたの周りにもこんな人はいないで しょうか? iPhoneやスマホが出始めたころ、 自分はガラケー派だか

自分に自信が持てない人

【快感原則】という言葉を聞いたことが あるでしょうか? これは精神分析の創始者と言われる フロイトが説いたもので、平たく言うと、 人は生まれながらにして、 不快(苦しいこと・つらいこと)を避け、 快(楽しいこと・気持ちのよいこと)を 求めようとする傾向がある というものです。 楽しいことと悲しいことがあって、 どちらかを選択しなくてはならないと いうときに、大抵の人は楽しいことを 選ぶでしょう。

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.