検索
  • 伊藤真哉

イライラしてしまう相手には…

あなたは職場でイライラすることが

ありますか?


例えば、

「上司の態度がムカつく」

「部下のできなさがストレス」

「同僚の言動が気になる」

人は2人以上集まると対立が生まれる

と言われるように、集団の中で生活して

いくと、このようなストレスは起きやすい

ものかもしれません。


そういう私も、どちらかというとイライラ

してしまう方でした。


初めてマネジメント職に就いたときは、

部下の意識の低さや責任感の無さに、

イライラすることが多くありました。

(結局はマネジメント能力のなさなんですが…)

けれど、マネジメント経験が長くなるに

つれ、なぜか人に対してイライラする

ことも少なくなり、気が付くと大抵のこと

は一旦受け止められるようになりました。

先日、カウンセラーの方と一緒に食事

をする機会がありました。


その際に、どうしたら人にイライラする

ことを減らすことができるかということに

ついて話し合ったのです。

ところで、あなたには人にイライラしない

ような対処法があるでしょうか?


カウンセラーの方と話していた中で、

これまでの自分自身の経験や気持ちの

変化と照らし合わせて、とても腑に落ちた

ことがありました。


それは、

主語を「私」で考えない


ということです。


これじゃよくわからないですよね(^_^;)

例をあげて説明していきます。

職場のミーティングをイメージして

みてください。


その中で、誰かが発言するたびに、

必ずといっていいほど、口を挟んでくる

(否定的な)人がいるとします。


そんなことが続くと、

「そんなのいちいち言わなくてもいいだろ」

「そんな細かく確認するなよ」

「時間ばかりかかって仕方ない」

といった気持ちになるのではないで

しょうか?


これがまさに、主語が 「私」 になって

いる状態です。

「そんなのいちいち言わなくてもいいだろ」

私は思うから、気に障る。

「そんな細かく確認するなよ」

私は思うから、めんどくさくなる。

「時間ばかりかかって仕方ない」

私は思うから、イライラする。


というように「私」 の気持ちや感覚

との相違がストレスに繋がります。


ここでやってみて欲しいのが、主語を

「相手」 にもっていくのです。


先程の例をとって考えてみると、

あの人は、いちいち言わないと気が

すまない人なんだ。

あの人は、混獲確認しないと不安に

なってしまう人なんだ。



あの人は、時間がかかってしまうこと

より、発言することが大切な人なんだ。


というようになります。


なんだ?

結局解決していないじゃないか?


と思うかもしれませんが、ここからが

重要です。


相手を、「そういう人なんだ」と位置づけ

をし、受け止めることで何が変わるのか?

そういう人ならどうしていったらいいか?

という視点(思考)に切り替わります。

人を自分の軸に合わせようとするから、

そこがうまくいかずにストレスに感じます。

基本的に相手を変えることはできない

のです。


そういう人だと認識することができれば、

こちらも対処を考えることができます。


また、

なんでそんなことを言いたくなるのか?

という原因を相手の立場になって考えて

みることで、もしかしたら解決の糸口が

見えてくるかもしれません。


主語を、

「私」ではなく「相手」に置き換える。


今日も最後までお付き合いいただき、

ありがとうございましたm(_ _)m

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

チームのパフォーマンスは〇〇の数で決まる

ダイバーシティ(多様性)という言葉を 耳にする機会が増えてきました。 労働人口の減少にも伴い、高齢者や 障がい者、外国人など、多様な人材を 活かしていける組織体制を築いていく ことが、企業に求められてきています。 この「多様性」というものは、何も年齢 や障がいの有無、国籍などに限った 話ではありません。 あなたの職場を思い出してみても、 いろんなタイプの人がいるのではない でしょうか? いつもニコ

やる気が出ないのは〇〇じゃないせい

「テンションが下がった…」 「モチベーションが上がらない…」 どちらも、なんとなくやる気が出ない ときに出てきそうな言葉ですね。 特にお正月明けのいまなんか、こんな 気持ちの人も多いのかもしれません。 (もう今年も10日も経つんですね) ところで、 「テンション」 と 「モチベーション」 の違いってなんでしょうか? どちらも似たような意味合いで使われて いる印象があるかもしれません。 ですが、この

職場でのストレスの原因

毎年、厚生労働省が行っている、 労働安全調査 というものがあるのを ご存知でしょうか? これは、事業所が行っている安全管理の 取り組み状況や、そこで働く労働者の 仕事上の不安やストレスについて把握 するための調査になっています。 これまで、職場の不安やストレスの原因は 人間関係 と言われていましたが、実は前回の調査 結果(平成28年)では、 仕事の質・量 に変化しております。 これは、有効求人倍率

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.