検索
  • 伊藤真哉

ソーシャルスタイル【アナリティカル・エミアブル】

最終更新: 7月25日

先日はソーシャルスタイルについて書きましたが、 今回はそれぞれのタイプについてご紹介していきます。

今回紹介するのは、

『アナリティカルタイプ』 『エミアブルタイプ』

についてです。

❑アナリティカルタイプ(自己主張:弱/感情表出」:弱)

【特徴】

自己主張も少なく、感情もあまり表に出さないので、

「何を考えているかわからない」と思われがちなタイプ。

コツコツとした作業を得意とし、正確性を求められる職業の

人にも多い。

【見分け方】

・口調がゆっくりで口数が少ない

・「何を考えているかわからない」と誤解されやすい

【オススメな対応法】

・話をするときは、客観的なデータ(数字など)を用いて、

 具体的に伝える。

・意見を聞きたいときは、事前に質問を与えるなど、

 考える時間を設ける。

【相性】

エクスプレッシブタイプとは対角上にあるため、

相反するポイントが多い。


❑エミアブルタイプ(自己主張:弱/感情表出」:強)

【特徴】

笑顔で優しい雰囲気の「いい人」。

頼まれごとも断りにくく、抱え込みやすいタイプ。

自分の意見で争いごとが生まれるぐらいなら、

黙っていた方がいいと考えがち。

【見分け方】

・口調がゆっくりで穏やかに話す

・話すより聞く方が得意

・ニコニコしていてよくうなづく

【オススメな対応法】

・感謝の気持ちを伝える

・相手の喜ぶ意見を言う傾向にあるので、意見が

 聞きたいときは、「あなたの」意見が知りたいと伝える

【相性】

ドライビングタイプとは対角上にあるため、

相反するポイントが多い。


いかがでしたでしょうか?

みなさんの周りにも当てはまる方がいたのでは

ないでしょうか?

ソーシャルスタイルは、

「どのタイプが良い」 とか、「どのタイプが悪い」

ということではなく、

それぞれの傾向を知り、コミュニケーションの幅を広げ、

対応力を上げるためのヒントとなる理論です。

アナリティカルタイプの人に対して、

質問したことの返答に時間がかかることについて、

イライラしたり待てなかったりしていませんか?

エミアブルタイプの人に対して、

何か意見を求めても差し障りのない返答ばかりと

感じていることはありませんか?

そんあ時には、上記の効果的な対処法を参考に、

アプローチを変えてみてください。

みなさの人間関係のヒントになりますように。

次回は、

ドライビングタイプ と エクスプレッシブタイプ

についてご紹介します。



□■━━━━━━━━━━━━━━━━━

雑談ぐらいの気持ちでご相談ください!

━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

これを売りたい、集客したい、想いを伝えたい。


チームをまとめたい、モチベーションを上げたい、

多様な人材を活かしたい。


やりたいことが見つからない、

一歩踏み出す勇気がない、自信がない。​

そんな様々な悩みを共に考え、

共に行動し、共に解決する。


想いをカタチにするための伴走型プランナー。


≪お問い合わせ≫

初回相談は無料です!

お気軽にお問い合わせください。


個人の方はこちらから

法人の方はこちらから​

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

信頼関係を築くために…

うまく信頼関係を築けない… 職場や仕事の取引先、または 友達や好意を寄せている相手。 私たちの生活の中には、信頼関係を 築いていく(築けた方がいい)場面が たくさんあります。 しかし、その信頼関係を築いていく のが意外と大変で、苦手だという人も 少なくないのではないでしょうか? そういう私も、信頼関係を築くのに 失敗した経験があるからこそ、 難しさと大切さを痛感しています。 あなたは、信頼関係を築

褒められたい、認められたい、好かれたい

何度かブログでも書いていますが、 私の実家はお寺でした。 小学校卒業と同時に出家した私は、 頭をカミソリで剃り、ツルツル頭で 学校に通っていました。 その頃から仕事と学校の両立の 生活が始まりました。 朝のお務めをしてから学校へ行き、 学校も中抜けして葬儀に出たり、 夏休みにはお盆のお務めでお檀家 さんの家を回るなど、そんな生活を していました。 (ちょっと芸能人っぽいですよね笑) なかなかスキン

人に迷惑をかけてみる

最近、こんな相談を受けました。 障害の特性でコミュニケーションが うまく取れず、人に引かれてしまう。 自分の性格は変えられるのか? 私の個人的な考えとしては、 人は変われる ものだと思って人と接しています。 いくつになっても人は変われると 思っています。 もちろんそこには負担も生じるので、 もし変われないのであれば、 それは、 自分の中で変わらない方がいい と判断しているからでしょう。 人は変化を