検索
  • 伊藤真哉

ソーシャルスタイル【アナリティカル・エミアブル】

先日はソーシャルスタイルについて書きましたが、 今回はそれぞれのタイプについてご紹介していきます。

今回紹介するのは、

『アナリティカルタイプ』 『エミアブルタイプ』

についてです。

❑アナリティカルタイプ(自己主張:弱/感情表出」:弱)

【特徴】

自己主張も少なく、感情もあまり表に出さないので、

「何を考えているかわからない」と思われがちなタイプ。

コツコツとした作業を得意とし、正確性を求められる職業の

人にも多い。

【見分け方】

・口調がゆっくりで口数が少ない

・「何を考えているかわからない」と誤解されやすい

【オススメな対応法】

・話をするときは、客観的なデータ(数字など)を用いて、

 具体的に伝える。

・意見を聞きたいときは、事前に質問を与えるなど、

 考える時間を設ける。

【相性】

エクスプレッシブタイプとは対角上にあるため、

相反するポイントが多い。


❑エミアブルタイプ(自己主張:弱/感情表出」:強)

【特徴】

笑顔で優しい雰囲気の「いい人」。

頼まれごとも断りにくく、抱え込みやすいタイプ。

自分の意見で争いごとが生まれるぐらいなら、

黙っていた方がいいと考えがち。

【見分け方】

・口調がゆっくりで穏やかに話す

・話すより聞く方が得意

・ニコニコしていてよくうなづく

【オススメな対応法】

・感謝の気持ちを伝える

・相手の喜ぶ意見を言う傾向にあるので、意見が

 聞きたいときは、「あなたの」意見が知りたいと伝える

【相性】

ドライビングタイプとは対角上にあるため、

相反するポイントが多い。


いかがでしたでしょうか?

みなさんの周りにも当てはまる方がいたのでは

ないでしょうか?

ソーシャルスタイルは、

「どのタイプが良い」 とか、「どのタイプが悪い」

ということではなく、

それぞれの傾向を知り、コミュニケーションの幅を広げ、

対応力を上げるためのヒントとなる理論です。

アナリティカルタイプの人に対して、

質問したことの返答に時間がかかることについて、

イライラしたり待てなかったりしていませんか?

エミアブルタイプの人に対して、

何か意見を求めても差し障りのない返答ばかりと

感じていることはありませんか?

そんあ時には、上記の効果的な対処法を参考に、

アプローチを変えてみてください。

みなさの人間関係のヒントになりますように。

次回は、

ドライビングタイプ と エクスプレッシブタイプ

についてご紹介します。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

職場で嫌いな人がいるとき

「もうあの人とは一緒に働けない」 そのような相談を受けることが よくあります。 人それぞれ価値観は違いますので、 これだけ日常生活の中でいろんな人と 関わっていると、自分と肌が合わない 人は確かにいるものです。 こちらとしては好意を持っていても、 なぜか相手からは距離を置かれて いて、うまく関係性を築けなかったり ということが、私にもあります。 どうしても嫌いな(苦手な)人と接しな ければならない

愚痴をうまく利用する

職場でも友人でも、会うたびに必ずと 言っていい程、ぐちを言う人がいます。 正直な話、私の周りにもいます。 ぐちを言いたい気持ちは、わからなくも ありません。 ついそういう言葉が出てきてしまうこと もあれば、ぐちをこぼすことで少し気が 紛れるという効果もあると思います。 ですが、本人にとってはよくても、 ぐちを聞かされた方にとっては、 ただただ嫌な気分になるだけで、 迷惑にもなりかねません。 そのよ

相手の習慣を覚えておく

私事ではあるのですが、私は、 まったくアルコールが飲めません。 弱いといったレベルではなく、身体が 拒否を起こすので、注射のときの 消毒もアルコールではないもの(?) を使ってもらっています。 真っ赤になっちゃうんですよね(^_^;) ですが、 飲み会の席の雰囲気は好きで、 よく参加します。 私が最初に決まって頼むのは、 「ジンジャエール」 です。 単純に味が好きなのと、色味と炭酸が ちょっとだけ

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.