検索
  • 伊藤真哉

ソーシャルスタイル

【ソーシャルスタイル】

という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

みなさんの周りにも、

口数が少ない人

強めの口調でなんでも言ってくる人

とにかく明るく元気な人

など、いろいろなタイプの人がいると思います。

タイプの違う相手とコミュニケーションをとっていくには、

相手と自分のタイプを知っておくことが必要です。

【ソーシャルスタイル】とは、

『自己主張』 と 『感情表出』

の2つの軸から、

人のタイプを4つに分類したものになります。

タイプ別に特徴があるので、

そのタイプに合わせて対応することで、

良好な人間関係が築きやすくなります。

以下が4つのタイプの分類になります。

それぞれのタイプの特徴としては、

❑アナリティカルタイプ(自己主張:弱/感情表出」:弱)

計画・事前準備がしっかりしており、ミスが少なく確実。

コツコツと継続して行うタイプ。

❑エミアブルタイプ(自己主張:弱/感情表出」:強)

「困っている人がいないか」「期待されていることは何か」

と、みんなのためなら頑張れる、常に穏やかタイプ。

❑ドライビングタイプ(自己主張:強/感情表出」:弱)

指図されるのが嫌いなリーダー気質。戦略や勝負をする

ことが好きで、思い通りにやりたいタイプ。

❑エクスプレッシブタイプ(自己主張:強/感情表出」:強)

仕事も勉強も楽しくなければ意味がない。楽観的。

細かいことは気にせず、やってみてから考えるタイプ。

みなさん自身はどのタイプでしたでしょうか?

なかには、

「どれもあてはまらないな」

「どれもあてはまる」

「2つの傾向があてはまる」


という方もいるかと思いますが、そのような方は

バランス型で、相手や場面に応じて自然と態度を変える

ことができるタイプかと思われます。

ソーシャルスタイルは、自分と関わる人それぞれの

コミュニケーションの傾向(クセ)を知り、対応力を上げて、

コミュニケーションの幅を広げるヒントとなるようなものです。

次回からは、この4つのタイプの見分け方や、

効果的な対応方法などをご紹介していきたいと思います。

・自分はいつもと同じ態度なのに、なぜかあの人とだけは

うまくいかない

・ちゃんと褒めているのに、あいつにだけは伝わらない

そんな悩みを解決するヒントになるかもしれません。

みなさんの周りの方を思い浮かべながら、

「それぞれの傾向はどうだろうか?」

と想像しながら読んでみてください。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

信頼関係を築くために…

うまく信頼関係を築けない… 職場や仕事の取引先、または 友達や好意を寄せている相手。 私たちの生活の中には、信頼関係を 築いていく(築けた方がいい)場面が たくさんあります。 しかし、その信頼関係を築いていく のが意外と大変で、苦手だという人も 少なくないのではないでしょうか? そういう私も、信頼関係を築くのに 失敗した経験があるからこそ、 難しさと大切さを痛感しています。 あなたは、信頼関係を築

褒められたい、認められたい、好かれたい

何度かブログでも書いていますが、 私の実家はお寺でした。 小学校卒業と同時に出家した私は、 頭をカミソリで剃り、ツルツル頭で 学校に通っていました。 その頃から仕事と学校の両立の 生活が始まりました。 朝のお務めをしてから学校へ行き、 学校も中抜けして葬儀に出たり、 夏休みにはお盆のお務めでお檀家 さんの家を回るなど、そんな生活を していました。 (ちょっと芸能人っぽいですよね笑) なかなかスキン

人に迷惑をかけてみる

最近、こんな相談を受けました。 障害の特性でコミュニケーションが うまく取れず、人に引かれてしまう。 自分の性格は変えられるのか? 私の個人的な考えとしては、 人は変われる ものだと思って人と接しています。 いくつになっても人は変われると 思っています。 もちろんそこには負担も生じるので、 もし変われないのであれば、 それは、 自分の中で変わらない方がいい と判断しているからでしょう。 人は変化を