検索
  • 伊藤真哉

ソーシャルスタイル

【ソーシャルスタイル】

という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

みなさんの周りにも、

口数が少ない人

強めの口調でなんでも言ってくる人

とにかく明るく元気な人

など、いろいろなタイプの人がいると思います。

タイプの違う相手とコミュニケーションをとっていくには、

相手と自分のタイプを知っておくことが必要です。

【ソーシャルスタイル】とは、

『自己主張』 と 『感情表出』

の2つの軸から、

人のタイプを4つに分類したものになります。

タイプ別に特徴があるので、

そのタイプに合わせて対応することで、

良好な人間関係が築きやすくなります。

以下が4つのタイプの分類になります。

それぞれのタイプの特徴としては、

❑アナリティカルタイプ(自己主張:弱/感情表出」:弱)

計画・事前準備がしっかりしており、ミスが少なく確実。

コツコツと継続して行うタイプ。

❑エミアブルタイプ(自己主張:弱/感情表出」:強)

「困っている人がいないか」「期待されていることは何か」

と、みんなのためなら頑張れる、常に穏やかタイプ。

❑ドライビングタイプ(自己主張:強/感情表出」:弱)

指図されるのが嫌いなリーダー気質。戦略や勝負をする

ことが好きで、思い通りにやりたいタイプ。

❑エクスプレッシブタイプ(自己主張:強/感情表出」:強)

仕事も勉強も楽しくなければ意味がない。楽観的。

細かいことは気にせず、やってみてから考えるタイプ。

みなさん自身はどのタイプでしたでしょうか?

なかには、

「どれもあてはまらないな」

「どれもあてはまる」

「2つの傾向があてはまる」


という方もいるかと思いますが、そのような方は

バランス型で、相手や場面に応じて自然と態度を変える

ことができるタイプかと思われます。

ソーシャルスタイルは、自分と関わる人それぞれの

コミュニケーションの傾向(クセ)を知り、対応力を上げて、

コミュニケーションの幅を広げるヒントとなるようなものです。

次回からは、この4つのタイプの見分け方や、

効果的な対応方法などをご紹介していきたいと思います。

・自分はいつもと同じ態度なのに、なぜかあの人とだけは

うまくいかない

・ちゃんと褒めているのに、あいつにだけは伝わらない

そんな悩みを解決するヒントになるかもしれません。

みなさんの周りの方を思い浮かべながら、

「それぞれの傾向はどうだろうか?」

と想像しながら読んでみてください。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

チームのパフォーマンスは〇〇の数で決まる

ダイバーシティ(多様性)という言葉を 耳にする機会が増えてきました。 労働人口の減少にも伴い、高齢者や 障がい者、外国人など、多様な人材を 活かしていける組織体制を築いていく ことが、企業に求められてきています。 この「多様性」というものは、何も年齢 や障がいの有無、国籍などに限った 話ではありません。 あなたの職場を思い出してみても、 いろんなタイプの人がいるのではない でしょうか? いつもニコ

イライラしてしまう相手には…

あなたは職場でイライラすることが ありますか? 例えば、 「上司の態度がムカつく」 「部下のできなさがストレス」 「同僚の言動が気になる」 人は2人以上集まると対立が生まれる と言われるように、集団の中で生活して いくと、このようなストレスは起きやすい ものかもしれません。 そういう私も、どちらかというとイライラ してしまう方でした。 初めてマネジメント職に就いたときは、 部下の意識の低さや責任感

やる気が出ないのは〇〇じゃないせい

「テンションが下がった…」 「モチベーションが上がらない…」 どちらも、なんとなくやる気が出ない ときに出てきそうな言葉ですね。 特にお正月明けのいまなんか、こんな 気持ちの人も多いのかもしれません。 (もう今年も10日も経つんですね) ところで、 「テンション」 と 「モチベーション」 の違いってなんでしょうか? どちらも似たような意味合いで使われて いる印象があるかもしれません。 ですが、この

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.