検索
  • 伊藤真哉

人にアドバイスをするときの注意点

子供のころ、何かしようとする度に、

親から、



「こうした方がいい」

「それは違う」

と言われるのがとても嫌でした。

振り返ってみると、確かに親の言う

通りだったことも多々ありますが、

どうしても言われるのが嫌でした。

もちろん、悪気があるわけでは

ありません。

自分のことを思って言ってくれて

いたのでしょうが、当時はそれを

受け止めることができませんでした。

このように、普段の生活の中でも、

人からアドバイスを受けたり、

逆に自分がアドバイスをしたり

という場面が、結構あるのでは

ないでしょうか?

あなたが人にアドバイスをする

ときは、きっと、

こうした方がよくなるだろう


という、やさしさや親切心から

アドバイスをしますよね?

相手の力になりたい

そんな想いから、アドバイスします。

しかし、それを素直に受け止めて

くれるときもあれば、そのアドバイス

を聞き入れてくれないときもあります。

聞き入れてくれないときは、

悲しい気持ちになったり、

なんでやらないんだと腹立たしく

なることもあるかもしれません。

ここでひとつ考えてみてください。

あなたは、どんなときにアドバイス

が欲しいですか?

それはたぶん、


アドバイスを求めているとき


でしょう。

(あたりまえですね^^;)

ですが、つまり、人がアドバイスを

聞き入れないときというのは、


アドバイスを求めていないとき


であるということです。



その人がその人なりに一生懸命に

考えて取り組んでいることに対し、

頼まれてもいないアドバイスをされ

るから、受け入れられないのです。

ですが、日常的にこのような場面は

見られます。

「もっとこうした方がいいよ」

「その考え方は違うよ」

あなたも言われたことがあったり

しませんか?

注意しなければいけないのは、

相手のことを思ってしてしまって

いる行為であるということ。

つまり、それと同じように、意外と

自分でも言ってしまっていることが

ある可能性もあります。

アドバイスは、相手がアドバイスを

受けたいと思っているときが一番の

タイミングです。

何か言いたい気持ちになったときは

その人はいまアドバイスを求めて

いるのか?

というのを考えを持つ時間を設ける

だけで、人間関係がうまくいきやすく

なるかもしれません。

この、相手の行為や考えを肯定

できることも、信頼関係を築く上で

重要なスキルのひとつです!

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

信頼関係を築くために…

うまく信頼関係を築けない… 職場や仕事の取引先、または 友達や好意を寄せている相手。 私たちの生活の中には、信頼関係を 築いていく(築けた方がいい)場面が たくさんあります。 しかし、その信頼関係を築いていく のが意外と大変で、苦手だという人も 少なくないのではないでしょうか? そういう私も、信頼関係を築くのに 失敗した経験があるからこそ、 難しさと大切さを痛感しています。 あなたは、信頼関係を築

褒められたい、認められたい、好かれたい

何度かブログでも書いていますが、 私の実家はお寺でした。 小学校卒業と同時に出家した私は、 頭をカミソリで剃り、ツルツル頭で 学校に通っていました。 その頃から仕事と学校の両立の 生活が始まりました。 朝のお務めをしてから学校へ行き、 学校も中抜けして葬儀に出たり、 夏休みにはお盆のお務めでお檀家 さんの家を回るなど、そんな生活を していました。 (ちょっと芸能人っぽいですよね笑) なかなかスキン

人に迷惑をかけてみる

最近、こんな相談を受けました。 障害の特性でコミュニケーションが うまく取れず、人に引かれてしまう。 自分の性格は変えられるのか? 私の個人的な考えとしては、 人は変われる ものだと思って人と接しています。 いくつになっても人は変われると 思っています。 もちろんそこには負担も生じるので、 もし変われないのであれば、 それは、 自分の中で変わらない方がいい と判断しているからでしょう。 人は変化を