検索
  • 伊藤真哉

人にアドバイスをするときの注意点

子供のころ、何かしようとする度に、

親から、



「こうした方がいい」

「それは違う」

と言われるのがとても嫌でした。

振り返ってみると、確かに親の言う

通りだったことも多々ありますが、

どうしても言われるのが嫌でした。

もちろん、悪気があるわけでは

ありません。

自分のことを思って言ってくれて

いたのでしょうが、当時はそれを

受け止めることができませんでした。

このように、普段の生活の中でも、

人からアドバイスを受けたり、

逆に自分がアドバイスをしたり

という場面が、結構あるのでは

ないでしょうか?

あなたが人にアドバイスをする

ときは、きっと、

こうした方がよくなるだろう


という、やさしさや親切心から

アドバイスをしますよね?

相手の力になりたい

そんな想いから、アドバイスします。

しかし、それを素直に受け止めて

くれるときもあれば、そのアドバイス

を聞き入れてくれないときもあります。

聞き入れてくれないときは、

悲しい気持ちになったり、

なんでやらないんだと腹立たしく

なることもあるかもしれません。

ここでひとつ考えてみてください。

あなたは、どんなときにアドバイス

が欲しいですか?

それはたぶん、


アドバイスを求めているとき


でしょう。

(あたりまえですね^^;)

ですが、つまり、人がアドバイスを

聞き入れないときというのは、


アドバイスを求めていないとき


であるということです。



その人がその人なりに一生懸命に

考えて取り組んでいることに対し、

頼まれてもいないアドバイスをされ

るから、受け入れられないのです。

ですが、日常的にこのような場面は

見られます。

「もっとこうした方がいいよ」

「その考え方は違うよ」

あなたも言われたことがあったり

しませんか?

注意しなければいけないのは、

相手のことを思ってしてしまって

いる行為であるということ。

つまり、それと同じように、意外と

自分でも言ってしまっていることが

ある可能性もあります。

アドバイスは、相手がアドバイスを

受けたいと思っているときが一番の

タイミングです。

何か言いたい気持ちになったときは

その人はいまアドバイスを求めて

いるのか?

というのを考えを持つ時間を設ける

だけで、人間関係がうまくいきやすく

なるかもしれません。

この、相手の行為や考えを肯定

できることも、信頼関係を築く上で

重要なスキルのひとつです!

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

夢は叶わないかもしれないけど…

私は、小さいころはケーキ屋さんに なりたいと思っていました。 理由はいたって単純で、 「毎日ケーキが食べられる!」 そんな理由でした。 田舎で育った私にとっては、たまに 食べられる不二家さんのケーキが、 とても楽しみでした。 結局、私は製菓の学校に行くこともなく、 いまとなってはその夢もかわいらしい 思い出となっています。 夢や目標を持つこと これが大事だということは、人から言わ れたり、本で読ん

人に対してできることは、自分のして欲しいことの裏返し?

障害福祉に携わるようになってから、 ずっと気になっていることがあります。 それは、 なぜ、施設の利用者さんに対しては その方のことを考えて丁寧に接する ことができるのに、 なぜスタッフに対しては それができないのか? という疑問。 スタッフさんたちは、いつも利用者さん のことを考え、 「どんなことに困っているのか?」 「どうしたらできるようになるのか?」 「どうしてそういう行動をとるのか?」 そん

自分の悩みの中にいるときは

このような仕事をしていますと、 普段からいろいろな悩みや困りごと といった相談があります。 ・人間関係の悩み ・仕事の悩み ・今後の人生の不安 ・選択を決定できない悩み ・自分に自信が持てない など、悩みの種類は人それぞれです。 また、同じような悩みであっても、 その受け止め方も人それぞれ。 感情が自分に向く人もいれば、 相手に向く人もいる。 何事も楽観的に捉える人もいれば、 悲観的に捉えてしまう

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.