検索
  • 伊藤真哉

悩んで答えが出ないとき

突然ですが、もしみなさんの友人が、

何かに困っていたり、悩んでいたら、

みなさんはどされますか?

全くの他人は別として、

話を聞いてあげたり共感したり

自分なりのアドバイスをしてみたり

何か力になろうとするのかと思います。

では、自分自身の場合はどうでしょう?

問題が発生!!

どうしよう・・・。

と頭の中でぐるぐると考えます。

とりあえず、できそうなことをやってみたが、

逆に問題を大きくしてしまいました…

焦りが出てくる。

うまくいかなくてイライラもする。

解決しないまま、時間だけが過ぎていく…

なぜだか、

自分のこととなるとうまくいかない…

なんてことありませんか?

不思議なもので、人は自分のこととなると

うまく考えられなかったりするようです。

人にアドバイスしておきながら、

自分に言い聞かせているようなときって

ありますよね

これは、頭の中で、


「困ったなぁ。これは大変だ」

という考えでいっぱいになってしまっている

状態なので、考える視点が、

「困った」 「大変だ」

という点にフォーカスされてしまっています。

こうなってしまうと、現状を冷静に捉える

ことが難しくなってしまいます。

こんな時は、

「誰か他の人が、いまと同じ状況で悩み、

私のところに相談に来たとしたら、

なんて答えあげるだろうか?」

と考えてみてください。

このように他人事のように捉え直すことで、

いまの状況を冷静に見つめ直すことができます。

友人から深刻そうに相談を受けたときに、

パッと解決策が思い浮かんだり、

そんなに深刻な問題でもないのでは?

と感じた経験がありませんか?

それは先程のように、困っている本人は、

「困った」というところに意識がいって

しまっているために、冷静に捉えることが

できない状態にあるからです。

人は、自分自身に起きている問題より、

他の人に起きている問題の方が、

いい答えを見つけやすい。

何かの悩みの中にいて、なかなか解決

できないときには、ふと自分にアドバイス

をしてあげてみましょう。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

チームのパフォーマンスは〇〇の数で決まる

ダイバーシティ(多様性)という言葉を 耳にする機会が増えてきました。 労働人口の減少にも伴い、高齢者や 障がい者、外国人など、多様な人材を 活かしていける組織体制を築いていく ことが、企業に求められてきています。 この「多様性」というものは、何も年齢 や障がいの有無、国籍などに限った 話ではありません。 あなたの職場を思い出してみても、 いろんなタイプの人がいるのではない でしょうか? いつもニコ

イライラしてしまう相手には…

あなたは職場でイライラすることが ありますか? 例えば、 「上司の態度がムカつく」 「部下のできなさがストレス」 「同僚の言動が気になる」 人は2人以上集まると対立が生まれる と言われるように、集団の中で生活して いくと、このようなストレスは起きやすい ものかもしれません。 そういう私も、どちらかというとイライラ してしまう方でした。 初めてマネジメント職に就いたときは、 部下の意識の低さや責任感

やる気が出ないのは〇〇じゃないせい

「テンションが下がった…」 「モチベーションが上がらない…」 どちらも、なんとなくやる気が出ない ときに出てきそうな言葉ですね。 特にお正月明けのいまなんか、こんな 気持ちの人も多いのかもしれません。 (もう今年も10日も経つんですね) ところで、 「テンション」 と 「モチベーション」 の違いってなんでしょうか? どちらも似たような意味合いで使われて いる印象があるかもしれません。 ですが、この

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.