検索
  • 伊藤真哉

批判しない

人は集団になると、大小に限らず

何らかの対立が生まれます。

意見の食い違い

価値観の違い

性格の不一致   など

自分とは違う相手を受け入れ、

お互いを尊重し合うことで、

チームとして機能していきます。

自分と違う価値観を受け入れることは、

言葉で言うほど簡単ではありません。

そこには、「不満」 というものが、

生まれやすくなります。

ただ、私たちには社会性というものが

あるため、全ての不満が表に出てくる

訳ではありません。

その人の前ではうまくやっているように

振舞いながらも、陰では批判言っている。


そんな状況は、みなさんにも経験がある

のではないでしょうか?

陰で人の噂をすると、良くも悪くも自分に

跳ね返ってきます。


陰で人の批判をしていると、

自分の知らないところで批判されます。

また逆に、陰で人のことを褒めていると、

自分の知らないところで褒められます。


陰で褒められて、気分を悪くする人は

なかなかいません。

それどころか、

褒められた相手は誠実さを感じ取り、

あなたに良い感情を抱くようになるでしょう。


決まった人間関係の中にいると、

相手の言葉や態度にストレスを感じる

こともあります。

また、それは逆も然りで、

自分の言動が相手を不快にさせている

こともあるはずです。

批判というものは

なくなることはありません。

ですので、誰に対しても言うべきでないのは

もちろんですが、自分が陰で言われていたと

知っても、気にしないことが一番です。


批判はなくなることがないので、

反論するエネルギーが無駄になります。


どんなに不満があっても、

周囲のいいところや尊敬できるところ、

愛らしいところに目を向け、

それを言葉にしていくようにしましょう。

先にも述べたように、

陰で相手を褒めると、自分に返ってきます。


その結果、

あなたが困ったときに力になってくれたり、

応援しようという気持ちにさせるのです。


普段から、周りの人についてどのように

話していますか?


噂は良いものだけを流すようにし、

悪い噂からはできるだけ距離を取る。


そうすると、人間関係はもちろんのこと、

自分の今後にも良い影響を与えてくれます!

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

チームのパフォーマンスは〇〇の数で決まる

ダイバーシティ(多様性)という言葉を 耳にする機会が増えてきました。 労働人口の減少にも伴い、高齢者や 障がい者、外国人など、多様な人材を 活かしていける組織体制を築いていく ことが、企業に求められてきています。 この「多様性」というものは、何も年齢 や障がいの有無、国籍などに限った 話ではありません。 あなたの職場を思い出してみても、 いろんなタイプの人がいるのではない でしょうか? いつもニコ

イライラしてしまう相手には…

あなたは職場でイライラすることが ありますか? 例えば、 「上司の態度がムカつく」 「部下のできなさがストレス」 「同僚の言動が気になる」 人は2人以上集まると対立が生まれる と言われるように、集団の中で生活して いくと、このようなストレスは起きやすい ものかもしれません。 そういう私も、どちらかというとイライラ してしまう方でした。 初めてマネジメント職に就いたときは、 部下の意識の低さや責任感

やる気が出ないのは〇〇じゃないせい

「テンションが下がった…」 「モチベーションが上がらない…」 どちらも、なんとなくやる気が出ない ときに出てきそうな言葉ですね。 特にお正月明けのいまなんか、こんな 気持ちの人も多いのかもしれません。 (もう今年も10日も経つんですね) ところで、 「テンション」 と 「モチベーション」 の違いってなんでしょうか? どちらも似たような意味合いで使われて いる印象があるかもしれません。 ですが、この

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.