検索
  • 伊藤真哉

昼休みの有効活用

ランチョン・テクニック

という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

聞いたことがない方も、言葉からなんとなく

意味が伝わるかもしれませんが、

ランチョンとは、「形式ばった昼食」という

意味の英語です。

みなさんの職場では、お昼休み(ランチ)は

どのように取られていますか?

社内で食べる、どこか食べに行く、

個人個人、みんな一緒になど、

職場によって違うかもしれません。

人は、一緒に食事をしながら話をすると、

相手に対して好意を持ちやすいとされて

います。

それは単にその場が盛り上がって楽しい

からというだけでなく、

食事中は、相手の話を信じやすくなる

という現象からくるものでもあります。

アメリカの実験で、

「月への一般人の旅行は、数か月以内に実現する」

という根拠の薄い論文を読ませる。

それを、

A:ガムなどを口にしながら読ませる

B:何も口にさせずに読ませる

に分け、その信憑性について確認する

というものです。

結果としては、

Aのグループの多くが高く信憑性を感じた

といい、

Bのグループは「本当なの?」と疑念を抱いた

とされています。

つまり、人は何かを食べているときは、

説得されやすく、騙されやすい状態に

なるのです。

理由としては、

口を動かしているときは注意が口の中に

向かうため、頭の中の緊張感や批判力が

抑制されてしまったり、

口の中に物が入っていると、発言や反論が

思うようにできないので、「いまはいいや」と

なりやすい、

など、所説あるようです。

「職場で○○さんと親しくなりたい!」

「部下に頼みづらいことがある…」

「取引先とうまく話を進めたい…」

こんなときに、少し状況を整えることで、

自分の意見が通りやすくなるかもしれません。

印象と同じように、シチュエーションにも

気を配ってみることで、もっと良い関係を

築いていけますよ

※注意※

ビジネスの場での話ですので、自分のミスの報告

などに使用すると逆効果になりかねません

あくまでも誠実に対応しましょう。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

職場で嫌いな人がいるとき

「もうあの人とは一緒に働けない」 そのような相談を受けることが よくあります。 人それぞれ価値観は違いますので、 これだけ日常生活の中でいろんな人と 関わっていると、自分と肌が合わない 人は確かにいるものです。 こちらとしては好意を持っていても、 なぜか相手からは距離を置かれて いて、うまく関係性を築けなかったり ということが、私にもあります。 どうしても嫌いな(苦手な)人と接しな ければならない

愚痴をうまく利用する

職場でも友人でも、会うたびに必ずと 言っていい程、ぐちを言う人がいます。 正直な話、私の周りにもいます。 ぐちを言いたい気持ちは、わからなくも ありません。 ついそういう言葉が出てきてしまうこと もあれば、ぐちをこぼすことで少し気が 紛れるという効果もあると思います。 ですが、本人にとってはよくても、 ぐちを聞かされた方にとっては、 ただただ嫌な気分になるだけで、 迷惑にもなりかねません。 そのよ

相手の習慣を覚えておく

私事ではあるのですが、私は、 まったくアルコールが飲めません。 弱いといったレベルではなく、身体が 拒否を起こすので、注射のときの 消毒もアルコールではないもの(?) を使ってもらっています。 真っ赤になっちゃうんですよね(^_^;) ですが、 飲み会の席の雰囲気は好きで、 よく参加します。 私が最初に決まって頼むのは、 「ジンジャエール」 です。 単純に味が好きなのと、色味と炭酸が ちょっとだけ

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.