検索
  • 伊藤真哉

昼休みの有効活用

ランチョン・テクニック

という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

聞いたことがない方も、言葉からなんとなく

意味が伝わるかもしれませんが、

ランチョンとは、「形式ばった昼食」という

意味の英語です。

みなさんの職場では、お昼休み(ランチ)は

どのように取られていますか?

社内で食べる、どこか食べに行く、

個人個人、みんな一緒になど、

職場によって違うかもしれません。

人は、一緒に食事をしながら話をすると、

相手に対して好意を持ちやすいとされて

います。

それは単にその場が盛り上がって楽しい

からというだけでなく、

食事中は、相手の話を信じやすくなる

という現象からくるものでもあります。

アメリカの実験で、

「月への一般人の旅行は、数か月以内に実現する」

という根拠の薄い論文を読ませる。

それを、

A:ガムなどを口にしながら読ませる

B:何も口にさせずに読ませる

に分け、その信憑性について確認する

というものです。

結果としては、

Aのグループの多くが高く信憑性を感じた

といい、

Bのグループは「本当なの?」と疑念を抱いた

とされています。

つまり、人は何かを食べているときは、

説得されやすく、騙されやすい状態に

なるのです。

理由としては、

口を動かしているときは注意が口の中に

向かうため、頭の中の緊張感や批判力が

抑制されてしまったり、

口の中に物が入っていると、発言や反論が

思うようにできないので、「いまはいいや」と

なりやすい、

など、所説あるようです。

「職場で○○さんと親しくなりたい!」

「部下に頼みづらいことがある…」

「取引先とうまく話を進めたい…」

こんなときに、少し状況を整えることで、

自分の意見が通りやすくなるかもしれません。

印象と同じように、シチュエーションにも

気を配ってみることで、もっと良い関係を

築いていけますよ

※注意※

ビジネスの場での話ですので、自分のミスの報告

などに使用すると逆効果になりかねません

あくまでも誠実に対応しましょう。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

チームのパフォーマンスは〇〇の数で決まる

ダイバーシティ(多様性)という言葉を 耳にする機会が増えてきました。 労働人口の減少にも伴い、高齢者や 障がい者、外国人など、多様な人材を 活かしていける組織体制を築いていく ことが、企業に求められてきています。 この「多様性」というものは、何も年齢 や障がいの有無、国籍などに限った 話ではありません。 あなたの職場を思い出してみても、 いろんなタイプの人がいるのではない でしょうか? いつもニコ

イライラしてしまう相手には…

あなたは職場でイライラすることが ありますか? 例えば、 「上司の態度がムカつく」 「部下のできなさがストレス」 「同僚の言動が気になる」 人は2人以上集まると対立が生まれる と言われるように、集団の中で生活して いくと、このようなストレスは起きやすい ものかもしれません。 そういう私も、どちらかというとイライラ してしまう方でした。 初めてマネジメント職に就いたときは、 部下の意識の低さや責任感

やる気が出ないのは〇〇じゃないせい

「テンションが下がった…」 「モチベーションが上がらない…」 どちらも、なんとなくやる気が出ない ときに出てきそうな言葉ですね。 特にお正月明けのいまなんか、こんな 気持ちの人も多いのかもしれません。 (もう今年も10日も経つんですね) ところで、 「テンション」 と 「モチベーション」 の違いってなんでしょうか? どちらも似たような意味合いで使われて いる印象があるかもしれません。 ですが、この

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.