検索
  • 伊藤真哉

人の話を聴く

ゼノンという哲学者が、

『自然は人間に一枚の舌と、二つの耳を与えた。

だから人間は、自分が話すことの二倍だけ、

人の話をきかなければならない』

と言ったといわれています。

人と話していると、自分が話している途中に、

「あ、それね!」

と早合点され、

話を遮られた経験があるのではないでしょうか?

(しかも違っていたりすることも多い)

また逆に、

自分がやってしまっているなと感じる方も

いるかもしれません。

(私もたまにやってしまいます…)

そんなとき、どんな気持ちになるでしょうか?

こんなことが続くと、

段々と話すのも嫌になってきたりしますね。

人は、自分の話をしっかりと聴いてくれる人に

安心感を覚え、信頼関係が築かれていきます。

何かを言って欲しいのではなく、

自分の話を聴いて欲しいから話すのですね。

普段の生活の中でも、特に悪気はないのでしょうが、

人の話を最後まで聴くというのが苦手な人が多いように感じます。

特に、自分より年下の人や後輩、部下などと話すときは、

先輩としての親切心からか、このようなことが起こりがちです。

一旦はすべてを受け止め、相手の言おうとしていること、

相手の気持ちを汲んだ上で話す。

ほんのちょっと待つことができれば、

周りの反応が変わってきます。

人の話、全部、最後まで聴けてますか??


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

何度かブログでも書いていますが、 私の実家はお寺でした。 小学校卒業と同時に出家した私は、 頭をカミソリで剃り、ツルツル頭で 学校に通っていました。 その頃から仕事と学校の両立の 生活が始まりました。 朝のお務めをしてから学校へ行き、 学校も中抜けして葬儀に出たり、 夏休みにはお盆のお務めでお檀家 さんの家を回るなど、そんな生活を していました。 (ちょっと芸能人っぽいですよね笑) なかなかスキン

最近、こんな相談を受けました。 障害の特性でコミュニケーションが うまく取れず、人に引かれてしまう。 自分の性格は変えられるのか? 私の個人的な考えとしては、 人は変われる ものだと思って人と接しています。 いくつになっても人は変われると 思っています。 もちろんそこには負担も生じるので、 もし変われないのであれば、 それは、 自分の中で変わらない方がいい と判断しているからでしょう。 人は変化を