検索
  • 伊藤真哉

無意識で決まるあなたの印象

突然ですが、

「あなたのクセはなんですか?」



私は、話をするときに上を見る

クセがあります。

あと、じっとしていられずに、何か

を触ってしまうクセもあります。

例えば、


「脚を組む」

「椅子にもられかかって座る」

「眉間にしわが寄る」

「髪の毛をいじる」

「貧乏ゆすり」

など、本人はあまり気が付かない

だけで、それぞれに色々なクセを

持っているものです。

あなたにも何かしらのクセが

あるのではないでしょうか?

ここで問題なのは、この普段何気

なくやってしまうクセでも、相手に

なにかしらの印象を与えている

ということです。

脚を組んで椅子にもたれかかって

座っていると、偉そうな印象を与えます。

話しているときに眉間にしわが寄り

やすい人は、何か不満でもあるのか

という印象を与えます。

髪の毛をいじりやすい人は、退屈

そうだったり、話を聞いていない

印象を与えます。

このように、普段の何気ないクセが、

知らないところで相手に悪い印象を

与えている可能性があります。

就職活動での面接、

初めての人に会う時、

大切な人と初めて会う時、

あなたは相手に与える印象に

ついて意識をしていますか?

他にも、ついやってしまいがちな

クセはたくさんあります。

・携帯を何度もいじる

・ずっとうつむいている

・笑い声が大きい

・自分ばかり話してしまう

・机を指でたたく

などなど。

ただ、ペンを回したり髪の毛を

触ったりという、ちょっとした動きの

クセは、やっている人のひとつの

精神安定剤の役割を担っている

こともあります。

ですので、全てを直したらいいと

いう訳でもありませんが、よくない

印象を与えてしまうようなクセに

ついては、できれば直していき

たいものです。



コミュニケーションの良し悪しは

相手が判断するもの です



改めて自分のクセを見つめ直して

みることも、よりよい人間関係を

築いていく上では大切なことかも

しれません。

自分ではなかなか気が付かない

ようでしたら、周りの人に聞いて

みるのもひとつです。

自分のクセを理解し、そのクセとも

うまく付き合っていきながら、相手

との時間を大切にしていきましょう。

あなたのクセはなんですか?

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

チームのパフォーマンスは〇〇の数で決まる

ダイバーシティ(多様性)という言葉を 耳にする機会が増えてきました。 労働人口の減少にも伴い、高齢者や 障がい者、外国人など、多様な人材を 活かしていける組織体制を築いていく ことが、企業に求められてきています。 この「多様性」というものは、何も年齢 や障がいの有無、国籍などに限った 話ではありません。 あなたの職場を思い出してみても、 いろんなタイプの人がいるのではない でしょうか? いつもニコ

イライラしてしまう相手には…

あなたは職場でイライラすることが ありますか? 例えば、 「上司の態度がムカつく」 「部下のできなさがストレス」 「同僚の言動が気になる」 人は2人以上集まると対立が生まれる と言われるように、集団の中で生活して いくと、このようなストレスは起きやすい ものかもしれません。 そういう私も、どちらかというとイライラ してしまう方でした。 初めてマネジメント職に就いたときは、 部下の意識の低さや責任感

やる気が出ないのは〇〇じゃないせい

「テンションが下がった…」 「モチベーションが上がらない…」 どちらも、なんとなくやる気が出ない ときに出てきそうな言葉ですね。 特にお正月明けのいまなんか、こんな 気持ちの人も多いのかもしれません。 (もう今年も10日も経つんですね) ところで、 「テンション」 と 「モチベーション」 の違いってなんでしょうか? どちらも似たような意味合いで使われて いる印象があるかもしれません。 ですが、この

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.