検索
  • 伊藤真哉

無意識で決まるあなたの印象

突然ですが、

「あなたのクセはなんですか?」



私は、話をするときに上を見る

クセがあります。

あと、じっとしていられずに、何か

を触ってしまうクセもあります。

例えば、


「脚を組む」

「椅子にもられかかって座る」

「眉間にしわが寄る」

「髪の毛をいじる」

「貧乏ゆすり」

など、本人はあまり気が付かない

だけで、それぞれに色々なクセを

持っているものです。

あなたにも何かしらのクセが

あるのではないでしょうか?

ここで問題なのは、この普段何気

なくやってしまうクセでも、相手に

なにかしらの印象を与えている

ということです。

脚を組んで椅子にもたれかかって

座っていると、偉そうな印象を与えます。

話しているときに眉間にしわが寄り

やすい人は、何か不満でもあるのか

という印象を与えます。

髪の毛をいじりやすい人は、退屈

そうだったり、話を聞いていない

印象を与えます。

このように、普段の何気ないクセが、

知らないところで相手に悪い印象を

与えている可能性があります。

就職活動での面接、

初めての人に会う時、

大切な人と初めて会う時、

あなたは相手に与える印象に

ついて意識をしていますか?

他にも、ついやってしまいがちな

クセはたくさんあります。

・携帯を何度もいじる

・ずっとうつむいている

・笑い声が大きい

・自分ばかり話してしまう

・机を指でたたく

などなど。

ただ、ペンを回したり髪の毛を

触ったりという、ちょっとした動きの

クセは、やっている人のひとつの

精神安定剤の役割を担っている

こともあります。

ですので、全てを直したらいいと

いう訳でもありませんが、よくない

印象を与えてしまうようなクセに

ついては、できれば直していき

たいものです。



コミュニケーションの良し悪しは

相手が判断するもの です



改めて自分のクセを見つめ直して

みることも、よりよい人間関係を

築いていく上では大切なことかも

しれません。

自分ではなかなか気が付かない

ようでしたら、周りの人に聞いて

みるのもひとつです。

自分のクセを理解し、そのクセとも

うまく付き合っていきながら、相手

との時間を大切にしていきましょう。

あなたのクセはなんですか?

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

職場で嫌いな人がいるとき

「もうあの人とは一緒に働けない」 そのような相談を受けることが よくあります。 人それぞれ価値観は違いますので、 これだけ日常生活の中でいろんな人と 関わっていると、自分と肌が合わない 人は確かにいるものです。 こちらとしては好意を持っていても、 なぜか相手からは距離を置かれて いて、うまく関係性を築けなかったり ということが、私にもあります。 どうしても嫌いな(苦手な)人と接しな ければならない

愚痴をうまく利用する

職場でも友人でも、会うたびに必ずと 言っていい程、ぐちを言う人がいます。 正直な話、私の周りにもいます。 ぐちを言いたい気持ちは、わからなくも ありません。 ついそういう言葉が出てきてしまうこと もあれば、ぐちをこぼすことで少し気が 紛れるという効果もあると思います。 ですが、本人にとってはよくても、 ぐちを聞かされた方にとっては、 ただただ嫌な気分になるだけで、 迷惑にもなりかねません。 そのよ

相手の習慣を覚えておく

私事ではあるのですが、私は、 まったくアルコールが飲めません。 弱いといったレベルではなく、身体が 拒否を起こすので、注射のときの 消毒もアルコールではないもの(?) を使ってもらっています。 真っ赤になっちゃうんですよね(^_^;) ですが、 飲み会の席の雰囲気は好きで、 よく参加します。 私が最初に決まって頼むのは、 「ジンジャエール」 です。 単純に味が好きなのと、色味と炭酸が ちょっとだけ

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.