検索
  • 伊藤真哉

職場でのストレスの原因

毎年、厚生労働省が行っている、

労働安全調査 というものがあるのを

ご存知でしょうか?


これは、事業所が行っている安全管理の

取り組み状況や、そこで働く労働者の

仕事上の不安やストレスについて把握

するための調査になっています。

これまで、職場の不安やストレスの原因は

人間関係

と言われていましたが、実は前回の調査

結果(平成28年)では、

仕事の質・量

に変化しております。

これは、有効求人倍率が高い状況に

あるからかもしれません。


ある程度自分の就きたい職に就ける

機会が増えているからこそ、イメージ

していたものと違ったなんてことが

起こっているとも考えられます。


ただ、順位が変わったと言っても、

人間関係は2番目となっており、

ストレスや不安の原因としては

依然として高い状況にあります。

私は、職場に訪問してそこの従業員

の方のカウンセリングをしています。


そこでも、上司や同僚との関係性で

悩まれている人が多いです。


また上司の方でも、部下たちの間での

人間関係がうまくいっていないことに

ついて相談を受けることもあります。




「社会人としてあり得ないですよね?」

「普通、そんなことしませんよね?」

「全部言わないとわからないのか?」


だいたいこのような感じで、お悩みを

打ち明けてくれます。


悩みの詳細は違うにしても、これらの

悩みに共通しているのは、

それぐらい言わなくてもわかるだろう

という考え方です。

あなたの一番身近な人と言えば、

どなたになるでしょうか?

お父さん・お母さん?

配偶者?

彼氏・彼女?

子ども?

兄弟姉妹?

おじいちゃん・おばあちゃん?

同僚?


人によって違いますが、身近な方を

思い浮かべてみてください。


あなたは、その方の考えていること

がすべてわかるでしょうか?

たぶん、「NO」 だと思います。

私もいまの奥さんと出会って8年が

経ちますが、いまだにわからず、

揉めることが多々あります(苦笑)

ただ、揉めるということは、自分の

考えを伝えてそこに対立があって

初めて生まれるものです。


そこで話し合ったりしながら、

折り合いをつけていく。


それの繰り返しで付き合いが長く

なっていきます。


これだけ長く一緒にいる人のことで

すらわからないのに、職場の人の

ことなんてわかるハズがありません。


むしろ、


わからなくて当然


なのです。


先日テレビを見ていたら、外国では

スーパーでレジに並んでいる間に、

買おうとしているものを食べながら

待つという話をしていました。

買うんだから別にいいでしょ?

という感覚みたいです。


このように、私たちの常識というのは、

誰かにとっては非常識でもあるのです。

同じ日本人でも、考え方は人それぞれ。


組織の中で必要なのは、

不満に思うことを不満とせず、

疑問として質問すること


質問を受けた人は、その理由を

説明する責任をもつこと


こんな組織風土をつくっていくことが、

人間関係の軋轢を生まず、風通しの

よい組織の基盤となります。

不満に思っているだけでは、

相手が変わることはありません。


不満をぶつけるのではなく、

なんでそうなるのかを質問して

相手を理解してみることから

始めてみましょう。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

やる気が出ないのは〇〇じゃないせい

「テンションが下がった…」 「モチベーションが上がらない…」 どちらも、なんとなくやる気が出ない ときに出てきそうな言葉ですね。 特にお正月明けのいまなんか、こんな 気持ちの人も多いのかもしれません。 (もう今年も10日も経つんですね) ところで、 「テンション」 と 「モチベーション」 の違いってなんでしょうか? どちらも似たような意味合いで使われて いる印象があるかもしれません。 ですが、この

行動するにはやる気が必要なのか?

モチベーションと聞くと、どんなイメージを お持ちでしょうか? 辞書には、 『人が行動を起こすときの動機』 なんて風に書かれていることが多いです。 つまり、先にモチベーション(やる気)が あって、それに基づいて行動があると 考えられています。 一般的にはそうなのですが、中には 例外もあります。 あなたの周りにもこんな人はいないで しょうか? iPhoneやスマホが出始めたころ、 自分はガラケー派だか

自分に自信が持てない人

【快感原則】という言葉を聞いたことが あるでしょうか? これは精神分析の創始者と言われる フロイトが説いたもので、平たく言うと、 人は生まれながらにして、 不快(苦しいこと・つらいこと)を避け、 快(楽しいこと・気持ちのよいこと)を 求めようとする傾向がある というものです。 楽しいことと悲しいことがあって、 どちらかを選択しなくてはならないと いうときに、大抵の人は楽しいことを 選ぶでしょう。

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.