検索
  • 伊藤真哉

職場で良い人間関係を築くためのアイテム

今日は、先日いただいたメッセージ

について書いていきます。

「はじめまして。

来月、初めて転職をすることに

なりました。


いまの職場は新卒で入社した

会社だったため、研修もしっかり

としていましたが、中途採用でも

しっかりと教えてもらえるもの

なのでしょうか?

また、転職の際に気を付けた方が

良いことがあれば教えてください。」

初めての転職。

期待もある反面、新たな職場で

うまくやっていけるかなど、不安も

ある時期かもしれませんね。

さて、中途採用の教育についてですが、

その会社によってシステムの違いは

あるものの、基本的にはこれまでの

経験を活かした



「即戦力」



というのを期待して採用されるケース

がほとんどではないでしょうか。

いずれにしても、新卒入社のような

手取り足取りといった研修は、あまり

期待できないものでしょう。



ただ、それとは反して、「即戦力」

期待されるのが中途採用です。



つまり、どれだけ早く組織に馴染み、

仕事を覚えて戦力となれるかが

ポイントとなります。

初めての中途採用で陥りがち

なのが、前の職場でのルールを

新たな職場でも持ち込もうとして

しまうことです。

「前の会社ではこうやってました」

「これが普通じゃないんですか?」

同じ業界や業種であっても、

そこそこにやり方があります。

まずは、新しい会社でのルールや

やり方の通りにやってみることが

大切です。

逆にあなたが中途入社の社員に

仕事の仕方を教える立場だとしたら

どうでしょうか?

自分たちがこれまでやってきた

ことを、軽視されているように感じ

るのではないでしょうか?


「いいからやれ」


というような感情になるかも

しれません。

まずは、先輩社員へ敬意を表すと

いう意味でも、その会社のやり方を

しっかりと身につけることが大切です。

意見を求められたときに、

お伝えするのが良いでしょう。

相手にも敬意を表し、また仕事を

いち早く覚えられる方法。

それは、

「メモと取ること」

です。


あなたはいつもメモを持ち歩いて

いるでしょうか?

私もこれまでにたくさんの新人や

部下の教育に携わってきました。

ですが、仕事を教わる際にメモを

持ってくる人はごくわずかです。

一発で覚えられる人なのかも

しれないと、一応期待だけはして

みますが、その期待はほとんどが

裏切られる結果となります。

前に教えたことを、「わかりません」

と言われることほど、教育担当者と

して成果のない結果はありません。

とてもガッカリしてしまいます。

さすがに覚えきれないこともある

かと思いますが、せめてメモを見て

自分でやれるような工夫をする

ことぐらいはして欲しいものです。

メモを取るという姿勢は向上心も

感じられ、相手に好印象を与えます

また、言われたことをメモを見て

でも自分でできるということは、

信頼感にもつながります。

やらない人が多いからこそ、

逆に相手からの信頼を得やすくも

なるものです

メモを持ち歩き、仕事のやり方を

記憶し、同じことを2度言わせない

こんなところを意識されてみては

いかがでしょうか?

この度は、転職活動が無事に済んだ

ようで、おめでとうございます。

益々のご活躍を、心よりお祈り申し上げます。

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

信頼関係を築くために…

うまく信頼関係を築けない… 職場や仕事の取引先、または 友達や好意を寄せている相手。 私たちの生活の中には、信頼関係を 築いていく(築けた方がいい)場面が たくさんあります。 しかし、その信頼関係を築いていく のが意外と大変で、苦手だという人も 少なくないのではないでしょうか? そういう私も、信頼関係を築くのに 失敗した経験があるからこそ、 難しさと大切さを痛感しています。 あなたは、信頼関係を築

褒められたい、認められたい、好かれたい

何度かブログでも書いていますが、 私の実家はお寺でした。 小学校卒業と同時に出家した私は、 頭をカミソリで剃り、ツルツル頭で 学校に通っていました。 その頃から仕事と学校の両立の 生活が始まりました。 朝のお務めをしてから学校へ行き、 学校も中抜けして葬儀に出たり、 夏休みにはお盆のお務めでお檀家 さんの家を回るなど、そんな生活を していました。 (ちょっと芸能人っぽいですよね笑) なかなかスキン

人に迷惑をかけてみる

最近、こんな相談を受けました。 障害の特性でコミュニケーションが うまく取れず、人に引かれてしまう。 自分の性格は変えられるのか? 私の個人的な考えとしては、 人は変われる ものだと思って人と接しています。 いくつになっても人は変われると 思っています。 もちろんそこには負担も生じるので、 もし変われないのであれば、 それは、 自分の中で変わらない方がいい と判断しているからでしょう。 人は変化を