検索
  • 伊藤真哉

責任感を持って仕事をしてもらうには?

学生時代、年に何度かクラス全員で行う

大掃除がありました。

いつもは数人でやっている掃除を、

いつも以上の人数で掃除をするため、

1人あたりの役割は少なくなります。

ある意味ラッキーです

そんな時、こんなことを思ったことは

ないでしょうか?

これだけ人もいるし、

少しぐらいサボっても

大丈夫だろう

と。

私は何度もあります(笑)

これは 『リンゲルマン効果』 と呼ばれる

もので、人は集団になると、無意識のうちに、

「他の誰かがやってくれるだろうという」

気持ちが働き、手を抜いてしまうのです。

セミナーや研修、会議の場でも、

「どなたか感想をお願いします」

「何か質問はありませんか?」

「これについてみんなはどう思う?」

と言われても、

『誰かが答えるだろう』

と考えて、みんなが積極的に発言しない

場面が見られます。


しかし、これがマンツーマンの研修

だったらどうでしょうか?

きっと、なんらかのリアクションは

することでしょう。

これは、

「自分の評価を気にする心理」

が働くからです。

仮に掃除もひとりでやらされていたら、

なかなか手を抜く人はいないですよね?

これは、キレイにできていなかったら、

全て自分の責任になるからです。


このことからも、作業を行なうときは、

できるだけ取り組む人数を少なくした

方がよいことがわかります。

さらに言うと、

1人ひとりの役割を明確にする

ことが望ましいです。

そうすることで、「1人ぐらいやらなくても…」

という状況をなくし、

「自分がやらないとダメだ」という状況を

つくりだすのです。

こんな風に、1人ひとりに責任を振り分けて

おけば、誰が成果を出していて、誰が手を

抜いていたのかが明確になります。

そのため、個人個人が本来の力を発揮

しようという意識になるのです。

指示を出すときは、全体に指示を出す

だけでなく、個人個人の役割と責任も

明確にすることが大切です!

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

愚痴をうまく利用する

職場でも友人でも、会うたびに必ずと 言っていい程、ぐちを言う人がいます。 正直な話、私の周りにもいます。 ぐちを言いたい気持ちは、わからなくも ありません。 ついそういう言葉が出てきてしまうこと もあれば、ぐちをこぼすことで少し気が 紛れるという効果もあると思います。 ですが、本人にとってはよくても、 ぐちを聞かされた方にとっては、 ただただ嫌な気分になるだけで、 迷惑にもなりかねません。 そのよ

相手の習慣を覚えておく

私事ではあるのですが、私は、 まったくアルコールが飲めません。 弱いといったレベルではなく、身体が 拒否を起こすので、注射のときの 消毒もアルコールではないもの(?) を使ってもらっています。 真っ赤になっちゃうんですよね(^_^;) ですが、 飲み会の席の雰囲気は好きで、 よく参加します。 私が最初に決まって頼むのは、 「ジンジャエール」 です。 単純に味が好きなのと、色味と炭酸が ちょっとだけ

あえて先延ばしにする

あなたは物を決める時に 悩むタイプですか? それとも即決できるタイプですか? 私は、結構悩んでしまうタイプです。 特に外食。 普段からこれといって食べたいものが ないため、いざ外食をするとなると、 なかなか決まりません。 これは、女性にモテない典型的な タイプですよね(笑) ご飯の話を置いておいて、 何か高価な買い物をするときや、 仕事で何か決断しないといけない といった、決断を迫られることが 生

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.