検索
  • 伊藤真哉

「できない」と言える勇気

「これがどうも苦手でできないんです」

あなたは、仕事において「NO」と言う

ことができますか?


私たちの周りには、

頑張ることが美徳

とされるような、なんとなくの雰囲気が

漂っています。


「できません」

「苦手です」

「難しいです」


そんなことを言おうものなら、

「やる気がないのか!!」

で一蹴されてしまう。


そんな不安を抱えている人も、

なかにはいるかもしれません。

仕事をしていく中で、向上心を持つ

ことは非常に重要です。

そのような意味では、できなくても

少し頑張ってチャレンジしてみる

姿勢は、必要かもしれません。


ですが、それでできるようになるか

どうかは、また別の問題です。

私は、人の名前や話を覚えておく

ことがとても苦手です。

自分なりに工夫はします。

例えば、忘れないように忘れる前に

対応してしまうとか、メモに書き残す

とか、そういったことはしてみるのです。

ですが、それでも抜けてしまうことが

あるんですね(笑)


実際のところ、これは笑い話では

済まされない場合もあります。

それは、仕事においてです。


忘れてしまうというのは、ある意味

致命的ですよ…


組織で働いていたころは、同僚から、



「この話、前にも言いました…」

なんてことは度々ありました。

(そんな上司ついてきてくれていたことに感謝ですm(_ _)m)


誰にでも、得意なことと不得意なこと

があります。

・できないと思われたくない

・自分の評価を下げたくない

・恥ずかしい思いをしたくない



そんな思いから、自分の不得意な

ことについては、隠したくなるのが

人の心理かもしれません。


自分のできないことを認めるのは

とても勇気のいることです。


ただ、ここで考えなくてはいけない

のは、自分ができるかどうかではなく、

仕事に支障があるかないか

ということです。


できないことを頑張って迷惑をかける

のではなく、滞りなく仕事を進めるため

に必要な手段を考えることも、仕事の

ひとつです。

私の場合、職場のみんなに、



「自分なりに対処はしているつもり

だけど、忘れっぽいから助けて欲しい」



ということを公言していました。


「いやいや、そんなこと言わずに

ちゃんとやってください」


と思われていたかもしれませんが、

あらかじめそう伝えておくことで、

みんなが協力してくれるようになる

のです。


向こうからリマインドしてくれるように

なったり、スケジュールに予定を入れて

おいてくれたり、たまに抜けても、

「伊藤さんだから仕方ないか」

といった、相手の気持ちの準備が

生まれてくるのです。


そのお陰で、自分はそこのできない

ことへのストレスを軽減しながら、

自分の得意なことに注力することが

できるようになりました。


自分の不得意なことを伝えることも、

チームワークのひとつです。


できない自分を認めたくなくて頑張る

という気持ちだけでも、すでにあなたは

向上心を持って頑張っています。


できないことをできないと言える勇気


重要なビジネススキルのひとつです。


普段から関係性を築けていないと、

通用しない可能性がありますので

そこはご注意を。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

信頼関係を築くために…

うまく信頼関係を築けない… 職場や仕事の取引先、または 友達や好意を寄せている相手。 私たちの生活の中には、信頼関係を 築いていく(築けた方がいい)場面が たくさんあります。 しかし、その信頼関係を築いていく のが意外と大変で、苦手だという人も 少なくないのではないでしょうか? そういう私も、信頼関係を築くのに 失敗した経験があるからこそ、 難しさと大切さを痛感しています。 あなたは、信頼関係を築

褒められたい、認められたい、好かれたい

何度かブログでも書いていますが、 私の実家はお寺でした。 小学校卒業と同時に出家した私は、 頭をカミソリで剃り、ツルツル頭で 学校に通っていました。 その頃から仕事と学校の両立の 生活が始まりました。 朝のお務めをしてから学校へ行き、 学校も中抜けして葬儀に出たり、 夏休みにはお盆のお務めでお檀家 さんの家を回るなど、そんな生活を していました。 (ちょっと芸能人っぽいですよね笑) なかなかスキン

人に迷惑をかけてみる

最近、こんな相談を受けました。 障害の特性でコミュニケーションが うまく取れず、人に引かれてしまう。 自分の性格は変えられるのか? 私の個人的な考えとしては、 人は変われる ものだと思って人と接しています。 いくつになっても人は変われると 思っています。 もちろんそこには負担も生じるので、 もし変われないのであれば、 それは、 自分の中で変わらない方がいい と判断しているからでしょう。 人は変化を