検索
  • 伊藤真哉

「できない」と言える勇気

「これがどうも苦手でできないんです」

あなたは、仕事において「NO」と言う

ことができますか?


私たちの周りには、

頑張ることが美徳

とされるような、なんとなくの雰囲気が

漂っています。


「できません」

「苦手です」

「難しいです」


そんなことを言おうものなら、

「やる気がないのか!!」

で一蹴されてしまう。


そんな不安を抱えている人も、

なかにはいるかもしれません。

仕事をしていく中で、向上心を持つ

ことは非常に重要です。

そのような意味では、できなくても

少し頑張ってチャレンジしてみる

姿勢は、必要かもしれません。


ですが、それでできるようになるか

どうかは、また別の問題です。

私は、人の名前や話を覚えておく

ことがとても苦手です。

自分なりに工夫はします。

例えば、忘れないように忘れる前に

対応してしまうとか、メモに書き残す

とか、そういったことはしてみるのです。

ですが、それでも抜けてしまうことが

あるんですね(笑)


実際のところ、これは笑い話では

済まされない場合もあります。

それは、仕事においてです。


忘れてしまうというのは、ある意味

致命的ですよ…


組織で働いていたころは、同僚から、



「この話、前にも言いました…」

なんてことは度々ありました。

(そんな上司ついてきてくれていたことに感謝ですm(_ _)m)


誰にでも、得意なことと不得意なこと

があります。

・できないと思われたくない

・自分の評価を下げたくない

・恥ずかしい思いをしたくない



そんな思いから、自分の不得意な

ことについては、隠したくなるのが

人の心理かもしれません。


自分のできないことを認めるのは

とても勇気のいることです。


ただ、ここで考えなくてはいけない

のは、自分ができるかどうかではなく、

仕事に支障があるかないか

ということです。


できないことを頑張って迷惑をかける

のではなく、滞りなく仕事を進めるため

に必要な手段を考えることも、仕事の

ひとつです。

私の場合、職場のみんなに、



「自分なりに対処はしているつもり

だけど、忘れっぽいから助けて欲しい」



ということを公言していました。


「いやいや、そんなこと言わずに

ちゃんとやってください」


と思われていたかもしれませんが、

あらかじめそう伝えておくことで、

みんなが協力してくれるようになる

のです。


向こうからリマインドしてくれるように

なったり、スケジュールに予定を入れて

おいてくれたり、たまに抜けても、

「伊藤さんだから仕方ないか」

といった、相手の気持ちの準備が

生まれてくるのです。


そのお陰で、自分はそこのできない

ことへのストレスを軽減しながら、

自分の得意なことに注力することが

できるようになりました。


自分の不得意なことを伝えることも、

チームワークのひとつです。


できない自分を認めたくなくて頑張る

という気持ちだけでも、すでにあなたは

向上心を持って頑張っています。


できないことをできないと言える勇気


重要なビジネススキルのひとつです。


普段から関係性を築けていないと、

通用しない可能性がありますので

そこはご注意を。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

やる気が出ないのは〇〇じゃないせい

「テンションが下がった…」 「モチベーションが上がらない…」 どちらも、なんとなくやる気が出ない ときに出てきそうな言葉ですね。 特にお正月明けのいまなんか、こんな 気持ちの人も多いのかもしれません。 (もう今年も10日も経つんですね) ところで、 「テンション」 と 「モチベーション」 の違いってなんでしょうか? どちらも似たような意味合いで使われて いる印象があるかもしれません。 ですが、この

職場でのストレスの原因

毎年、厚生労働省が行っている、 労働安全調査 というものがあるのを ご存知でしょうか? これは、事業所が行っている安全管理の 取り組み状況や、そこで働く労働者の 仕事上の不安やストレスについて把握 するための調査になっています。 これまで、職場の不安やストレスの原因は 人間関係 と言われていましたが、実は前回の調査 結果(平成28年)では、 仕事の質・量 に変化しております。 これは、有効求人倍率

行動するにはやる気が必要なのか?

モチベーションと聞くと、どんなイメージを お持ちでしょうか? 辞書には、 『人が行動を起こすときの動機』 なんて風に書かれていることが多いです。 つまり、先にモチベーション(やる気)が あって、それに基づいて行動があると 考えられています。 一般的にはそうなのですが、中には 例外もあります。 あなたの周りにもこんな人はいないで しょうか? iPhoneやスマホが出始めたころ、 自分はガラケー派だか

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.