検索
  • 伊藤真哉

あえて先延ばしにする

あなたは物を決める時に

悩むタイプですか?

それとも即決できるタイプですか?


私は、結構悩んでしまうタイプです。

特に外食。

普段からこれといって食べたいものが

ないため、いざ外食をするとなると、

なかなか決まりません。

これは、女性にモテない典型的な

タイプですよね(笑)


ご飯の話を置いておいて、

何か高価な買い物をするときや、

仕事で何か決断しないといけない

といった、決断を迫られることが

生活していく中で発生します。


私たちが何かを考える時は、

頭の中で考えることが多いの

ではないでしょうか?


「どうしようか」と考えていると、

頭の中でまた別の自分が、

「ああでもない、こうでもない」

という風になってきます。


例えば、車を買うとします。

最初は車を買おうかどうかで考えて

いるのですが、悩んでいるうちに、

「予算オーバーになるけどこっちがいいな」


「ここでそんなにお金使って大丈夫だろうか」


「車の他にも欲しいものがある」


「そういえば子供が習い事をしたいとも

言っていたな…」


「習い事の見学、いつだっけ?」

このように、自分の頭の中で

【自分の考え】に対し、

別の自分が【さらに考える】

というような構図になってくるのです。

ここがうまく繋がれば答えは出て

くるのですが、うまく繋がらないと、

そもそも何を考えていたのかを

見失ってしまったりします。

そんな状態で出てくるアイディアや

答えは、場当たり的なものになり、

当初よりもひどい結論に至って

しまいがちです。

それを防ぐために、

「書き出す」

ということはよく言われることかと

思います。

これは、自分の考えを一旦自分の

外に出し可視化することで、改めて

「自分の考えていること」を「考える」

ことができる効果があるからです。


それ以外にオススメしたいのが、

決定をあえて先延ばしにする

という方法です。


先延ばしというと、なんとなく悪い

印象があるかもしれません。


ですが、自分の考えが煮詰まって

いるときこそ、あえて他のことを

始めて、

「自分の考え」から離れてみる

のです。

一度思考を外し、再度その問題に

向き合ってみる。

すると、客観的に自分の考えを見つ

め直すことができ、求めていた答え

が一瞬で見えることがあります。

アイディアや決断は、ただただ追い

かけるよりも、時々放っておくぐらい

がちょうどいいのかもしれません。


煮詰まったときは、休憩を挟んだり

別のことをやってみて、

決定をあえて先延ばし

にする


そうすることで、自分の納得のいく

答えが見つけやすくなりますよ。

一息つきましょう。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

何度かブログでも書いていますが、 私の実家はお寺でした。 小学校卒業と同時に出家した私は、 頭をカミソリで剃り、ツルツル頭で 学校に通っていました。 その頃から仕事と学校の両立の 生活が始まりました。 朝のお務めをしてから学校へ行き、 学校も中抜けして葬儀に出たり、 夏休みにはお盆のお務めでお檀家 さんの家を回るなど、そんな生活を していました。 (ちょっと芸能人っぽいですよね笑) なかなかスキン

最近、こんな相談を受けました。 障害の特性でコミュニケーションが うまく取れず、人に引かれてしまう。 自分の性格は変えられるのか? 私の個人的な考えとしては、 人は変われる ものだと思って人と接しています。 いくつになっても人は変われると 思っています。 もちろんそこには負担も生じるので、 もし変われないのであれば、 それは、 自分の中で変わらない方がいい と判断しているからでしょう。 人は変化を