検索
  • 伊藤真哉

あえて先延ばしにする

あなたは物を決める時に

悩むタイプですか?

それとも即決できるタイプですか?


私は、結構悩んでしまうタイプです。

特に外食。

普段からこれといって食べたいものが

ないため、いざ外食をするとなると、

なかなか決まりません。

これは、女性にモテない典型的な

タイプですよね(笑)


ご飯の話を置いておいて、

何か高価な買い物をするときや、

仕事で何か決断しないといけない

といった、決断を迫られることが

生活していく中で発生します。


私たちが何かを考える時は、

頭の中で考えることが多いの

ではないでしょうか?


「どうしようか」と考えていると、

頭の中でまた別の自分が、

「ああでもない、こうでもない」

という風になってきます。


例えば、車を買うとします。

最初は車を買おうかどうかで考えて

いるのですが、悩んでいるうちに、

「予算オーバーになるけどこっちがいいな」


「ここでそんなにお金使って大丈夫だろうか」


「車の他にも欲しいものがある」


「そういえば子供が習い事をしたいとも

言っていたな…」


「習い事の見学、いつだっけ?」

このように、自分の頭の中で

【自分の考え】に対し、

別の自分が【さらに考える】

というような構図になってくるのです。

ここがうまく繋がれば答えは出て

くるのですが、うまく繋がらないと、

そもそも何を考えていたのかを

見失ってしまったりします。

そんな状態で出てくるアイディアや

答えは、場当たり的なものになり、

当初よりもひどい結論に至って

しまいがちです。

それを防ぐために、

「書き出す」

ということはよく言われることかと

思います。

これは、自分の考えを一旦自分の

外に出し可視化することで、改めて

「自分の考えていること」を「考える」

ことができる効果があるからです。


それ以外にオススメしたいのが、

決定をあえて先延ばしにする

という方法です。


先延ばしというと、なんとなく悪い

印象があるかもしれません。


ですが、自分の考えが煮詰まって

いるときこそ、あえて他のことを

始めて、

「自分の考え」から離れてみる

のです。

一度思考を外し、再度その問題に

向き合ってみる。

すると、客観的に自分の考えを見つ

め直すことができ、求めていた答え

が一瞬で見えることがあります。

アイディアや決断は、ただただ追い

かけるよりも、時々放っておくぐらい

がちょうどいいのかもしれません。


煮詰まったときは、休憩を挟んだり

別のことをやってみて、

決定をあえて先延ばし

にする


そうすることで、自分の納得のいく

答えが見つけやすくなりますよ。

一息つきましょう。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

チームのパフォーマンスは〇〇の数で決まる

ダイバーシティ(多様性)という言葉を 耳にする機会が増えてきました。 労働人口の減少にも伴い、高齢者や 障がい者、外国人など、多様な人材を 活かしていける組織体制を築いていく ことが、企業に求められてきています。 この「多様性」というものは、何も年齢 や障がいの有無、国籍などに限った 話ではありません。 あなたの職場を思い出してみても、 いろんなタイプの人がいるのではない でしょうか? いつもニコ

イライラしてしまう相手には…

あなたは職場でイライラすることが ありますか? 例えば、 「上司の態度がムカつく」 「部下のできなさがストレス」 「同僚の言動が気になる」 人は2人以上集まると対立が生まれる と言われるように、集団の中で生活して いくと、このようなストレスは起きやすい ものかもしれません。 そういう私も、どちらかというとイライラ してしまう方でした。 初めてマネジメント職に就いたときは、 部下の意識の低さや責任感

やる気が出ないのは〇〇じゃないせい

「テンションが下がった…」 「モチベーションが上がらない…」 どちらも、なんとなくやる気が出ない ときに出てきそうな言葉ですね。 特にお正月明けのいまなんか、こんな 気持ちの人も多いのかもしれません。 (もう今年も10日も経つんですね) ところで、 「テンション」 と 「モチベーション」 の違いってなんでしょうか? どちらも似たような意味合いで使われて いる印象があるかもしれません。 ですが、この

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.