検索
  • 伊藤真哉

あえて先延ばしにする

あなたは物を決める時に

悩むタイプですか?

それとも即決できるタイプですか?


私は、結構悩んでしまうタイプです。

特に外食。

普段からこれといって食べたいものが

ないため、いざ外食をするとなると、

なかなか決まりません。

これは、女性にモテない典型的な

タイプですよね(笑)


ご飯の話を置いておいて、

何か高価な買い物をするときや、

仕事で何か決断しないといけない

といった、決断を迫られることが

生活していく中で発生します。


私たちが何かを考える時は、

頭の中で考えることが多いの

ではないでしょうか?


「どうしようか」と考えていると、

頭の中でまた別の自分が、

「ああでもない、こうでもない」

という風になってきます。


例えば、車を買うとします。

最初は車を買おうかどうかで考えて

いるのですが、悩んでいるうちに、

「予算オーバーになるけどこっちがいいな」


「ここでそんなにお金使って大丈夫だろうか」


「車の他にも欲しいものがある」


「そういえば子供が習い事をしたいとも

言っていたな…」


「習い事の見学、いつだっけ?」

このように、自分の頭の中で

【自分の考え】に対し、

別の自分が【さらに考える】

というような構図になってくるのです。

ここがうまく繋がれば答えは出て

くるのですが、うまく繋がらないと、

そもそも何を考えていたのかを

見失ってしまったりします。

そんな状態で出てくるアイディアや

答えは、場当たり的なものになり、

当初よりもひどい結論に至って

しまいがちです。

それを防ぐために、

「書き出す」

ということはよく言われることかと

思います。

これは、自分の考えを一旦自分の

外に出し可視化することで、改めて

「自分の考えていること」を「考える」

ことができる効果があるからです。


それ以外にオススメしたいのが、

決定をあえて先延ばしにする

という方法です。


先延ばしというと、なんとなく悪い

印象があるかもしれません。


ですが、自分の考えが煮詰まって

いるときこそ、あえて他のことを

始めて、

「自分の考え」から離れてみる

のです。

一度思考を外し、再度その問題に

向き合ってみる。

すると、客観的に自分の考えを見つ

め直すことができ、求めていた答え

が一瞬で見えることがあります。

アイディアや決断は、ただただ追い

かけるよりも、時々放っておくぐらい

がちょうどいいのかもしれません。


煮詰まったときは、休憩を挟んだり

別のことをやってみて、

決定をあえて先延ばし

にする


そうすることで、自分の納得のいく

答えが見つけやすくなりますよ。

一息つきましょう。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

職場で嫌いな人がいるとき

「もうあの人とは一緒に働けない」 そのような相談を受けることが よくあります。 人それぞれ価値観は違いますので、 これだけ日常生活の中でいろんな人と 関わっていると、自分と肌が合わない 人は確かにいるものです。 こちらとしては好意を持っていても、 なぜか相手からは距離を置かれて いて、うまく関係性を築けなかったり ということが、私にもあります。 どうしても嫌いな(苦手な)人と接しな ければならない

愚痴をうまく利用する

職場でも友人でも、会うたびに必ずと 言っていい程、ぐちを言う人がいます。 正直な話、私の周りにもいます。 ぐちを言いたい気持ちは、わからなくも ありません。 ついそういう言葉が出てきてしまうこと もあれば、ぐちをこぼすことで少し気が 紛れるという効果もあると思います。 ですが、本人にとってはよくても、 ぐちを聞かされた方にとっては、 ただただ嫌な気分になるだけで、 迷惑にもなりかねません。 そのよ

相手の習慣を覚えておく

私事ではあるのですが、私は、 まったくアルコールが飲めません。 弱いといったレベルではなく、身体が 拒否を起こすので、注射のときの 消毒もアルコールではないもの(?) を使ってもらっています。 真っ赤になっちゃうんですよね(^_^;) ですが、 飲み会の席の雰囲気は好きで、 よく参加します。 私が最初に決まって頼むのは、 「ジンジャエール」 です。 単純に味が好きなのと、色味と炭酸が ちょっとだけ

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.