検索
  • 伊藤真哉

このストレスの原因は変えられることか?

先日、地下鉄に乗っていたら、

何かのトラブルで地下鉄が駅で

一時停止してしまいました。

ほんの一時的な問題なのですが、

なぜかこういう時って、ストレスを

感じてしまったりしませんか?

車内でも、ため息や舌打ちが聞こえ

てきます。

「早く動いてくれ!!」

とイライラしてしまったりしますが、

いくら自分がそう思ってストレスを

感じたところで、状況が変わるわけ

ではありません。


このように、世の中にはいくら自分

が怒っていたとしても、どうにも

ならない問題がたくさんあります。


このようなものに振り回されない

ようにするには、まず、

「変えられるもの」

「変えられないもの」

区別して考えることが重要です。

このケースでよくあるひとつに、

「上司の性格」

が挙げられます。

あなたも、上司がストレスの原因に

なっていたりしないでしょうか?


これを例に考えてみると、この原因

である「上司の性格」そのものを

変えることはできません。

では、このストレスを緩和する

ために「変えられるもの」とは

なんでしょうか?


例えば、自分が上司に下している

「評価」がそのひとつになります。

「上司の性格が悪い」と決めている

のは、自分の主観的な評価であり、

客観的なものではありません。


人によっては、「いい人」だと言う

人もいるかもしれません。

ですので、その自分の評価が正しい

のかどうかを、再度検討してみるの

もひとつでしょう。

そういう視点で見てみると、

何か良いところが見えてきたり、

捉え方を変えると、感情表現が豊か

とも言えたりするかもしれません。


このように、自分の見方を変えること

ができれば、そのストレスを軽減する

ことができます。

もちろん、いくら考え直しても、

相手に対する評価が変わらないこと

もあると思います。

ですが、それでもできるのが、

自分の行動を変えることです。


自分だけが上司に振り回されて

嫌な思いをして損している


そんな風に思い、考えるのをやめる

ということもできます。


ストレスを感じた時は、

それが、

「変えられるもの」か

「変えられないもの」か

とワンクッションをおいてみては

いかがでしょうか?

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

チームのパフォーマンスは〇〇の数で決まる

ダイバーシティ(多様性)という言葉を 耳にする機会が増えてきました。 労働人口の減少にも伴い、高齢者や 障がい者、外国人など、多様な人材を 活かしていける組織体制を築いていく ことが、企業に求められてきています。 この「多様性」というものは、何も年齢 や障がいの有無、国籍などに限った 話ではありません。 あなたの職場を思い出してみても、 いろんなタイプの人がいるのではない でしょうか? いつもニコ

イライラしてしまう相手には…

あなたは職場でイライラすることが ありますか? 例えば、 「上司の態度がムカつく」 「部下のできなさがストレス」 「同僚の言動が気になる」 人は2人以上集まると対立が生まれる と言われるように、集団の中で生活して いくと、このようなストレスは起きやすい ものかもしれません。 そういう私も、どちらかというとイライラ してしまう方でした。 初めてマネジメント職に就いたときは、 部下の意識の低さや責任感

やる気が出ないのは〇〇じゃないせい

「テンションが下がった…」 「モチベーションが上がらない…」 どちらも、なんとなくやる気が出ない ときに出てきそうな言葉ですね。 特にお正月明けのいまなんか、こんな 気持ちの人も多いのかもしれません。 (もう今年も10日も経つんですね) ところで、 「テンション」 と 「モチベーション」 の違いってなんでしょうか? どちらも似たような意味合いで使われて いる印象があるかもしれません。 ですが、この

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.