検索
  • 伊藤真哉

このストレスの原因は変えられることか?

先日、地下鉄に乗っていたら、

何かのトラブルで地下鉄が駅で

一時停止してしまいました。

ほんの一時的な問題なのですが、

なぜかこういう時って、ストレスを

感じてしまったりしませんか?

車内でも、ため息や舌打ちが聞こえ

てきます。

「早く動いてくれ!!」

とイライラしてしまったりしますが、

いくら自分がそう思ってストレスを

感じたところで、状況が変わるわけ

ではありません。


このように、世の中にはいくら自分

が怒っていたとしても、どうにも

ならない問題がたくさんあります。


このようなものに振り回されない

ようにするには、まず、

「変えられるもの」

「変えられないもの」

区別して考えることが重要です。

このケースでよくあるひとつに、

「上司の性格」

が挙げられます。

あなたも、上司がストレスの原因に

なっていたりしないでしょうか?


これを例に考えてみると、この原因

である「上司の性格」そのものを

変えることはできません。

では、このストレスを緩和する

ために「変えられるもの」とは

なんでしょうか?


例えば、自分が上司に下している

「評価」がそのひとつになります。

「上司の性格が悪い」と決めている

のは、自分の主観的な評価であり、

客観的なものではありません。


人によっては、「いい人」だと言う

人もいるかもしれません。

ですので、その自分の評価が正しい

のかどうかを、再度検討してみるの

もひとつでしょう。

そういう視点で見てみると、

何か良いところが見えてきたり、

捉え方を変えると、感情表現が豊か

とも言えたりするかもしれません。


このように、自分の見方を変えること

ができれば、そのストレスを軽減する

ことができます。

もちろん、いくら考え直しても、

相手に対する評価が変わらないこと

もあると思います。

ですが、それでもできるのが、

自分の行動を変えることです。


自分だけが上司に振り回されて

嫌な思いをして損している


そんな風に思い、考えるのをやめる

ということもできます。


ストレスを感じた時は、

それが、

「変えられるもの」か

「変えられないもの」か

とワンクッションをおいてみては

いかがでしょうか?

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

職場で嫌いな人がいるとき

「もうあの人とは一緒に働けない」 そのような相談を受けることが よくあります。 人それぞれ価値観は違いますので、 これだけ日常生活の中でいろんな人と 関わっていると、自分と肌が合わない 人は確かにいるものです。 こちらとしては好意を持っていても、 なぜか相手からは距離を置かれて いて、うまく関係性を築けなかったり ということが、私にもあります。 どうしても嫌いな(苦手な)人と接しな ければならない

愚痴をうまく利用する

職場でも友人でも、会うたびに必ずと 言っていい程、ぐちを言う人がいます。 正直な話、私の周りにもいます。 ぐちを言いたい気持ちは、わからなくも ありません。 ついそういう言葉が出てきてしまうこと もあれば、ぐちをこぼすことで少し気が 紛れるという効果もあると思います。 ですが、本人にとってはよくても、 ぐちを聞かされた方にとっては、 ただただ嫌な気分になるだけで、 迷惑にもなりかねません。 そのよ

相手の習慣を覚えておく

私事ではあるのですが、私は、 まったくアルコールが飲めません。 弱いといったレベルではなく、身体が 拒否を起こすので、注射のときの 消毒もアルコールではないもの(?) を使ってもらっています。 真っ赤になっちゃうんですよね(^_^;) ですが、 飲み会の席の雰囲気は好きで、 よく参加します。 私が最初に決まって頼むのは、 「ジンジャエール」 です。 単純に味が好きなのと、色味と炭酸が ちょっとだけ

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.