検索
  • 伊藤真哉

このストレスの原因は変えられることか?

先日、地下鉄に乗っていたら、

何かのトラブルで地下鉄が駅で

一時停止してしまいました。

ほんの一時的な問題なのですが、

なぜかこういう時って、ストレスを

感じてしまったりしませんか?

車内でも、ため息や舌打ちが聞こえ

てきます。

「早く動いてくれ!!」

とイライラしてしまったりしますが、

いくら自分がそう思ってストレスを

感じたところで、状況が変わるわけ

ではありません。


このように、世の中にはいくら自分

が怒っていたとしても、どうにも

ならない問題がたくさんあります。


このようなものに振り回されない

ようにするには、まず、

「変えられるもの」

「変えられないもの」

区別して考えることが重要です。

このケースでよくあるひとつに、

「上司の性格」

が挙げられます。

あなたも、上司がストレスの原因に

なっていたりしないでしょうか?


これを例に考えてみると、この原因

である「上司の性格」そのものを

変えることはできません。

では、このストレスを緩和する

ために「変えられるもの」とは

なんでしょうか?


例えば、自分が上司に下している

「評価」がそのひとつになります。

「上司の性格が悪い」と決めている

のは、自分の主観的な評価であり、

客観的なものではありません。


人によっては、「いい人」だと言う

人もいるかもしれません。

ですので、その自分の評価が正しい

のかどうかを、再度検討してみるの

もひとつでしょう。

そういう視点で見てみると、

何か良いところが見えてきたり、

捉え方を変えると、感情表現が豊か

とも言えたりするかもしれません。


このように、自分の見方を変えること

ができれば、そのストレスを軽減する

ことができます。

もちろん、いくら考え直しても、

相手に対する評価が変わらないこと

もあると思います。

ですが、それでもできるのが、

自分の行動を変えることです。


自分だけが上司に振り回されて

嫌な思いをして損している


そんな風に思い、考えるのをやめる

ということもできます。


ストレスを感じた時は、

それが、

「変えられるもの」か

「変えられないもの」か

とワンクッションをおいてみては

いかがでしょうか?

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

信頼関係を築くために…

うまく信頼関係を築けない… 職場や仕事の取引先、または 友達や好意を寄せている相手。 私たちの生活の中には、信頼関係を 築いていく(築けた方がいい)場面が たくさんあります。 しかし、その信頼関係を築いていく のが意外と大変で、苦手だという人も 少なくないのではないでしょうか? そういう私も、信頼関係を築くのに 失敗した経験があるからこそ、 難しさと大切さを痛感しています。 あなたは、信頼関係を築

褒められたい、認められたい、好かれたい

何度かブログでも書いていますが、 私の実家はお寺でした。 小学校卒業と同時に出家した私は、 頭をカミソリで剃り、ツルツル頭で 学校に通っていました。 その頃から仕事と学校の両立の 生活が始まりました。 朝のお務めをしてから学校へ行き、 学校も中抜けして葬儀に出たり、 夏休みにはお盆のお務めでお檀家 さんの家を回るなど、そんな生活を していました。 (ちょっと芸能人っぽいですよね笑) なかなかスキン

人に迷惑をかけてみる

最近、こんな相談を受けました。 障害の特性でコミュニケーションが うまく取れず、人に引かれてしまう。 自分の性格は変えられるのか? 私の個人的な考えとしては、 人は変われる ものだと思って人と接しています。 いくつになっても人は変われると 思っています。 もちろんそこには負担も生じるので、 もし変われないのであれば、 それは、 自分の中で変わらない方がいい と判断しているからでしょう。 人は変化を