検索
  • 伊藤真哉

ほめる前に大切なこと

やってみせ、

言って聞かせて、

させてみせ、

ほめてやらねば、

人は動かじ


話し合い、

耳を傾け、

承認し、

任せてやらねば、

人は育たず

やっている、

姿を感謝で見守って、

信頼せねば、

人は実らず

(山本五十六)


あなたは、承認と聞いてどんな

イメージを持つでしょうか?

人には承認欲求という、人から

認められたいという欲求があると

言われています。


これは、あなたも聞いたことが

あるかもしれません。

では、承認することでどんな効果が

得られるのか?

「自己肯定感」「自己効力感」

を満たす(高める)ことにつながります。

簡単に説明しますと、

≪自己肯定感≫

自分には生きる価値がある、誰かに

必要とされているといった、自分の

価値や存在意義を肯定できる感情。

≪自己効力感≫

自分には課題や目標を達成する

能力があるという、自分の能力に

対する自信。

といったことを指します。

これらが満たされることで、

その人はモチベーションがUPし、

自発的に努力し成長していける

ようになると言われています。

あなたの職場はどうでしょうか?

最近、何か承認(ほめられる)された

ことがありますか?



あなたは周りの人を承認(ほめる)して

いますか?

日本の文化においては、この『承認』

というものは、まだ苦手とされている

ところかもしれません。

承認の仕方などはまた別の機会にする

として、このセミナーでとても興味

深かったのが、


みんな承認してもらいたい

ポイントが違う

ということです。


自分の承認力を数値化するのに、

『承認カード』と呼ばれるアイテム

を使います。


カードに書かれた項目ごとに、

『できている・できていない』

と分けていくのです。


そして最後に、全項目の中から、

自分が一番承認されて嬉しい項目

を選んだのですが、おもしろい

ことに全員違いました。


これは、セミナーの中ではよくある

ことのようです。


つまり、

人の喜ぶポイントはみな違う

のです。


自分の軸で物事を考えて判断して

しまうから、うまくいかない。


「こうやったら喜ぶだろう」

「いつもほめてやってるのに」

「感謝の気持ちを伝えたらいい」


もしかしたら、それは自分の嬉しい

ことで、相手の嬉しいことではない

可能性があります。

承認する上で大切なのは、

普段から相手のことをよく観察し

その人のことを理解している

こと。


ここが第一歩です。


あなたは、あなたの身近な人のこと、

ちゃんと観察できていますか?

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

チームのパフォーマンスは〇〇の数で決まる

ダイバーシティ(多様性)という言葉を 耳にする機会が増えてきました。 労働人口の減少にも伴い、高齢者や 障がい者、外国人など、多様な人材を 活かしていける組織体制を築いていく ことが、企業に求められてきています。 この「多様性」というものは、何も年齢 や障がいの有無、国籍などに限った 話ではありません。 あなたの職場を思い出してみても、 いろんなタイプの人がいるのではない でしょうか? いつもニコ

イライラしてしまう相手には…

あなたは職場でイライラすることが ありますか? 例えば、 「上司の態度がムカつく」 「部下のできなさがストレス」 「同僚の言動が気になる」 人は2人以上集まると対立が生まれる と言われるように、集団の中で生活して いくと、このようなストレスは起きやすい ものかもしれません。 そういう私も、どちらかというとイライラ してしまう方でした。 初めてマネジメント職に就いたときは、 部下の意識の低さや責任感

やる気が出ないのは〇〇じゃないせい

「テンションが下がった…」 「モチベーションが上がらない…」 どちらも、なんとなくやる気が出ない ときに出てきそうな言葉ですね。 特にお正月明けのいまなんか、こんな 気持ちの人も多いのかもしれません。 (もう今年も10日も経つんですね) ところで、 「テンション」 と 「モチベーション」 の違いってなんでしょうか? どちらも似たような意味合いで使われて いる印象があるかもしれません。 ですが、この

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.