検索
  • 伊藤真哉

ほめる前に大切なこと

やってみせ、

言って聞かせて、

させてみせ、

ほめてやらねば、

人は動かじ


話し合い、

耳を傾け、

承認し、

任せてやらねば、

人は育たず

やっている、

姿を感謝で見守って、

信頼せねば、

人は実らず

(山本五十六)


あなたは、承認と聞いてどんな

イメージを持つでしょうか?

人には承認欲求という、人から

認められたいという欲求があると

言われています。


これは、あなたも聞いたことが

あるかもしれません。

では、承認することでどんな効果が

得られるのか?

「自己肯定感」「自己効力感」

を満たす(高める)ことにつながります。

簡単に説明しますと、

≪自己肯定感≫

自分には生きる価値がある、誰かに

必要とされているといった、自分の

価値や存在意義を肯定できる感情。

≪自己効力感≫

自分には課題や目標を達成する

能力があるという、自分の能力に

対する自信。

といったことを指します。

これらが満たされることで、

その人はモチベーションがUPし、

自発的に努力し成長していける

ようになると言われています。

あなたの職場はどうでしょうか?

最近、何か承認(ほめられる)された

ことがありますか?



あなたは周りの人を承認(ほめる)して

いますか?

日本の文化においては、この『承認』

というものは、まだ苦手とされている

ところかもしれません。

承認の仕方などはまた別の機会にする

として、このセミナーでとても興味

深かったのが、


みんな承認してもらいたい

ポイントが違う

ということです。


自分の承認力を数値化するのに、

『承認カード』と呼ばれるアイテム

を使います。


カードに書かれた項目ごとに、

『できている・できていない』

と分けていくのです。


そして最後に、全項目の中から、

自分が一番承認されて嬉しい項目

を選んだのですが、おもしろい

ことに全員違いました。


これは、セミナーの中ではよくある

ことのようです。


つまり、

人の喜ぶポイントはみな違う

のです。


自分の軸で物事を考えて判断して

しまうから、うまくいかない。


「こうやったら喜ぶだろう」

「いつもほめてやってるのに」

「感謝の気持ちを伝えたらいい」


もしかしたら、それは自分の嬉しい

ことで、相手の嬉しいことではない

可能性があります。

承認する上で大切なのは、

普段から相手のことをよく観察し

その人のことを理解している

こと。


ここが第一歩です。


あなたは、あなたの身近な人のこと、

ちゃんと観察できていますか?

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

信頼関係を築くために…

うまく信頼関係を築けない… 職場や仕事の取引先、または 友達や好意を寄せている相手。 私たちの生活の中には、信頼関係を 築いていく(築けた方がいい)場面が たくさんあります。 しかし、その信頼関係を築いていく のが意外と大変で、苦手だという人も 少なくないのではないでしょうか? そういう私も、信頼関係を築くのに 失敗した経験があるからこそ、 難しさと大切さを痛感しています。 あなたは、信頼関係を築

褒められたい、認められたい、好かれたい

何度かブログでも書いていますが、 私の実家はお寺でした。 小学校卒業と同時に出家した私は、 頭をカミソリで剃り、ツルツル頭で 学校に通っていました。 その頃から仕事と学校の両立の 生活が始まりました。 朝のお務めをしてから学校へ行き、 学校も中抜けして葬儀に出たり、 夏休みにはお盆のお務めでお檀家 さんの家を回るなど、そんな生活を していました。 (ちょっと芸能人っぽいですよね笑) なかなかスキン

人に迷惑をかけてみる

最近、こんな相談を受けました。 障害の特性でコミュニケーションが うまく取れず、人に引かれてしまう。 自分の性格は変えられるのか? 私の個人的な考えとしては、 人は変われる ものだと思って人と接しています。 いくつになっても人は変われると 思っています。 もちろんそこには負担も生じるので、 もし変われないのであれば、 それは、 自分の中で変わらない方がいい と判断しているからでしょう。 人は変化を