検索
  • 伊藤真哉

見え方・感じ方は人それぞれ

「なんで上司なのにこんなのもわかってくれないんだ?」

「そんなの当たり前だろ!!」

「普通はさ・・・」

みなさんにもこのような経験はないでしょうか?

そして、こんな気持ちになったときは、

大概イライラしてしまいがちですね。

何事も、思い通りに進まない時というものは、

もどかしく感じてしまうものではないでしょうか?

人は誰でも、自分なりの「メガネ」を持っていて、

その「メガネ」を通して世界を見ています。

皆さんの中にも、「これが常識」と思う自分の正解を

持っていることかと思います。

例えば、仕事の連絡を上司にメールで送ったとします。

すると上司から、

「メールで送ってくるなんておかしいだろ。

 電話してくるのが当たり前だ」

と言われてしまいました。

自分としては、

「メールで済むことをいちいち電話する必要がある

 のだろうか?メールの方が形にも残るし・・・」

と考えていました。

事実としては、「仕事の連絡をメールで送った」ということ

だけですが、見る人によってはプラスにもマイナスにも

なってしまうわけです。

このまま、お互いが自分の正解(正しさ)を主張している

だけでは、いつまでたっても良好な関係性は築けません。

世界の見え方は、これまでの経験や環境、置かれた立場

など、様々な要因が重なってつくられます。

みなさんも、風邪を引いたときに看病してもらったことで

人にやさしくなれたりと、世界観が変わった経験があるの

ではないでしょうか?

世界の見え方は一つではありません

見えている世界が違えば、考えや意見も違ってきて当然です。

でも、ついつい、私たちは自分のメガネで見ている世界観で、

善悪を判断しがちです。

この人が考えている正解とはなんだろう?

相手の世界観を理解しようと歩み寄ることから始めてみると、

受け止め方も変わってきませんか?


#コミュニケーション

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

信頼関係を築くために…

うまく信頼関係を築けない… 職場や仕事の取引先、または 友達や好意を寄せている相手。 私たちの生活の中には、信頼関係を 築いていく(築けた方がいい)場面が たくさんあります。 しかし、その信頼関係を築いていく のが意外と大変で、苦手だという人も 少なくないのではないでしょうか? そういう私も、信頼関係を築くのに 失敗した経験があるからこそ、 難しさと大切さを痛感しています。 あなたは、信頼関係を築

褒められたい、認められたい、好かれたい

何度かブログでも書いていますが、 私の実家はお寺でした。 小学校卒業と同時に出家した私は、 頭をカミソリで剃り、ツルツル頭で 学校に通っていました。 その頃から仕事と学校の両立の 生活が始まりました。 朝のお務めをしてから学校へ行き、 学校も中抜けして葬儀に出たり、 夏休みにはお盆のお務めでお檀家 さんの家を回るなど、そんな生活を していました。 (ちょっと芸能人っぽいですよね笑) なかなかスキン

人に迷惑をかけてみる

最近、こんな相談を受けました。 障害の特性でコミュニケーションが うまく取れず、人に引かれてしまう。 自分の性格は変えられるのか? 私の個人的な考えとしては、 人は変われる ものだと思って人と接しています。 いくつになっても人は変われると 思っています。 もちろんそこには負担も生じるので、 もし変われないのであれば、 それは、 自分の中で変わらない方がいい と判断しているからでしょう。 人は変化を

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

   Career Solution Labo.  
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.