検索
  • 伊藤真哉

見え方・感じ方は人それぞれ

「なんで上司なのにこんなのもわかってくれないんだ?」

「そんなの当たり前だろ!!」

「普通はさ・・・」

みなさんにもこのような経験はないでしょうか?

そして、こんな気持ちになったときは、

大概イライラしてしまいがちですね。

何事も、思い通りに進まない時というものは、

もどかしく感じてしまうものではないでしょうか?

人は誰でも、自分なりの「メガネ」を持っていて、

その「メガネ」を通して世界を見ています。

皆さんの中にも、「これが常識」と思う自分の正解を

持っていることかと思います。

例えば、仕事の連絡を上司にメールで送ったとします。

すると上司から、

「メールで送ってくるなんておかしいだろ。

 電話してくるのが当たり前だ」

と言われてしまいました。

自分としては、

「メールで済むことをいちいち電話する必要がある

 のだろうか?メールの方が形にも残るし・・・」

と考えていました。

事実としては、「仕事の連絡をメールで送った」ということ

だけですが、見る人によってはプラスにもマイナスにも

なってしまうわけです。

このまま、お互いが自分の正解(正しさ)を主張している

だけでは、いつまでたっても良好な関係性は築けません。

世界の見え方は、これまでの経験や環境、置かれた立場

など、様々な要因が重なってつくられます。

みなさんも、風邪を引いたときに看病してもらったことで

人にやさしくなれたりと、世界観が変わった経験があるの

ではないでしょうか?

世界の見え方は一つではありません

見えている世界が違えば、考えや意見も違ってきて当然です。

でも、ついつい、私たちは自分のメガネで見ている世界観で、

善悪を判断しがちです。

この人が考えている正解とはなんだろう?

相手の世界観を理解しようと歩み寄ることから始めてみると、

受け止め方も変わってきませんか?


#コミュニケーション

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

チームのパフォーマンスは〇〇の数で決まる

ダイバーシティ(多様性)という言葉を 耳にする機会が増えてきました。 労働人口の減少にも伴い、高齢者や 障がい者、外国人など、多様な人材を 活かしていける組織体制を築いていく ことが、企業に求められてきています。 この「多様性」というものは、何も年齢 や障がいの有無、国籍などに限った 話ではありません。 あなたの職場を思い出してみても、 いろんなタイプの人がいるのではない でしょうか? いつもニコ

イライラしてしまう相手には…

あなたは職場でイライラすることが ありますか? 例えば、 「上司の態度がムカつく」 「部下のできなさがストレス」 「同僚の言動が気になる」 人は2人以上集まると対立が生まれる と言われるように、集団の中で生活して いくと、このようなストレスは起きやすい ものかもしれません。 そういう私も、どちらかというとイライラ してしまう方でした。 初めてマネジメント職に就いたときは、 部下の意識の低さや責任感

やる気が出ないのは〇〇じゃないせい

「テンションが下がった…」 「モチベーションが上がらない…」 どちらも、なんとなくやる気が出ない ときに出てきそうな言葉ですね。 特にお正月明けのいまなんか、こんな 気持ちの人も多いのかもしれません。 (もう今年も10日も経つんですね) ところで、 「テンション」 と 「モチベーション」 の違いってなんでしょうか? どちらも似たような意味合いで使われて いる印象があるかもしれません。 ですが、この

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.