検索
  • 伊藤真哉

「できない」のは努力が足りないのか?

ストレスチェックの義務化など、

企業にもメンタルヘルス対策が

求められる時代になりました。

特にそこでポイントとなってくるのが、


長時間労働


です。

厚生労働省が定めた過労死ラインは、

1ヶ月の残業時間80時間とされています。

私もサービス業出身ということもあり、

長時間労働というのは結構身近な話で

あったかと思います。

人材不足ということもあり、

「店長は身体張ってなんぼ!」

みたいなところもありましたが、当時は

若かったこともあり、そんな働き方も

楽しみながらやっていました。

世の中には、平気で200時間とか

残業できちゃう人がいます。

(自分は多分平気ではないです笑)

そのような人たちから見たら、

「気合いが足りない」

「努力が足りない」

という風に見えるかもしれませんが、

そのような耐性も人それぞれです。


実際のところ、

同じ環境下で自分は大丈夫であっても、

死ぬ人は死にます。

そのために、過労死ラインというものが

定められているのです。

頑張ってもできなかったり、思うような

結果が出せないようなときは、

「もっとがんばらないと」


と思うことがるかもしれません。

もちろんその気持ちは大切で、

そのような向上心はあなたの仕事の

可能性も拡げてくれます。

ただ、うまくいかないことで気持ちが

追い込まれているときというのは、

とにかく頑張ろうという気持ちだけが

先走ってしまい、自分を追い詰めて

しまう結果にもなりかねません。

なんでもむやみやたらと頑張れば

できるというわけではありません。

「できない」には理由があるのです。

自分の適性の問題であったり、

はたまた環境の問題であったり、

体調の問題であったり。

つまり、

「できない」=「努力していない」


とは、一概には言えないのです。

自分で解決できないのであれば、

周りの人に聞いたり、手助けして

もらうことも必要です。

まずは、なんでできないのかの

原因を突き止める必要があります。

大切なのは、

頑張ること ではなくて、

できるようになること

です。


ひたすた頑張って、結局できなくて

疲れ果ててしまっては本末転倒です。


たぶん、あなたもすでに頑張っているはずです。

そんな目で、自分自身のことも、

周りの人のことも見てみたら、

少し景色が違って見えませんか?

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

夢は叶わないかもしれないけど…

私は、小さいころはケーキ屋さんに なりたいと思っていました。 理由はいたって単純で、 「毎日ケーキが食べられる!」 そんな理由でした。 田舎で育った私にとっては、たまに 食べられる不二家さんのケーキが、 とても楽しみでした。 結局、私は製菓の学校に行くこともなく、 いまとなってはその夢もかわいらしい 思い出となっています。 夢や目標を持つこと これが大事だということは、人から言わ れたり、本で読ん

人に対してできることは、自分のして欲しいことの裏返し?

障害福祉に携わるようになってから、 ずっと気になっていることがあります。 それは、 なぜ、施設の利用者さんに対しては その方のことを考えて丁寧に接する ことができるのに、 なぜスタッフに対しては それができないのか? という疑問。 スタッフさんたちは、いつも利用者さん のことを考え、 「どんなことに困っているのか?」 「どうしたらできるようになるのか?」 「どうしてそういう行動をとるのか?」 そん

自分の悩みの中にいるときは

このような仕事をしていますと、 普段からいろいろな悩みや困りごと といった相談があります。 ・人間関係の悩み ・仕事の悩み ・今後の人生の不安 ・選択を決定できない悩み ・自分に自信が持てない など、悩みの種類は人それぞれです。 また、同じような悩みであっても、 その受け止め方も人それぞれ。 感情が自分に向く人もいれば、 相手に向く人もいる。 何事も楽観的に捉える人もいれば、 悲観的に捉えてしまう

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.