検索
  • 伊藤真哉

ソーシャルスタイル【ドライビング・エクスプレッシブ】

前回に引き続き、それぞれのタイプについて

ご紹介していきます。

今回は、

『ドライビングタイプ』 『エクスプレッシブタイプ』

についてです。

❑ドライビングタイプ(自己主張:強/感情表出」:弱)

【特徴】

ストレートに物を言い、指図されるのが嫌い。

上昇志向が高く、人の上に立つ人に多いタイプ。

怖くて頑固な人と思われがち。

【見分け方】

・早口で断定的に話す

・上から目線の口調で怖そうと感じさせる

【オススメな対応法】

・判断を委ねる

・「教えて欲しい」「〇○さんを見習ってやってみます」と

 いった姿勢を見せ、相手を立てる

【相性】

エミアブルタイプとは対角上にあるため、

相反するポイントが多い。

❑エクスプレッシブタイプ(自己主張:強/感情表出」:強)

【特徴】

お調子者のムードメーカー的存在。

ノリと勢いがり、自分のアイディアを実現させようと

行動的な方が多い。

新規対応は得意だが、継続したフォローなどが苦手。

【見分け方】

・話のテンポがよい

・「パッといきましょう」といった擬音語・擬態語をよく使う

・話が大げさになりがち

【オススメな対応法】

・少し大げさに相槌を打ったりしながら会話を楽しむ

・一緒にいることが楽しいということを伝えると効果的

・話が盛り上がる傾向にあるため、後に予定があるときは、

 あらかじめ用意できる時間を伝えておく

【相性】

アナリティカルタイプとは対角上にあるため、

相反するポイントが多い。

以上が、4つのタイプの傾向についてになります。

みなさんの周りには、いろいろなタイプの方が

いらっしゃると思います。

特に意識せずとも、一緒にいて楽しい方や落ち着く方。

逆によくわからないけど、居心地が悪く感じる方など。

もしかしたら、この4つのタイプに分類してみると、

効果的な付き合い方が見つかるかもしれません。

相手も変わるべきだと、人は思ってしまいがちですが、

それは同様に、相手も私たちの方が変わるべきだと思って

いるということです。

この間柄では、いつまで経っても良好な関係は

築いてはいけません。

お互いが気持ちよく、円滑なコミュニケーションを取って

いくために、ほんの少しの工夫をしてみるのも

いかがでしょうか?

48回の閲覧

最新記事

すべて表示

職場で嫌いな人がいるとき

「もうあの人とは一緒に働けない」 そのような相談を受けることが よくあります。 人それぞれ価値観は違いますので、 これだけ日常生活の中でいろんな人と 関わっていると、自分と肌が合わない 人は確かにいるものです。 こちらとしては好意を持っていても、 なぜか相手からは距離を置かれて いて、うまく関係性を築けなかったり ということが、私にもあります。 どうしても嫌いな(苦手な)人と接しな ければならない

愚痴をうまく利用する

職場でも友人でも、会うたびに必ずと 言っていい程、ぐちを言う人がいます。 正直な話、私の周りにもいます。 ぐちを言いたい気持ちは、わからなくも ありません。 ついそういう言葉が出てきてしまうこと もあれば、ぐちをこぼすことで少し気が 紛れるという効果もあると思います。 ですが、本人にとってはよくても、 ぐちを聞かされた方にとっては、 ただただ嫌な気分になるだけで、 迷惑にもなりかねません。 そのよ

相手の習慣を覚えておく

私事ではあるのですが、私は、 まったくアルコールが飲めません。 弱いといったレベルではなく、身体が 拒否を起こすので、注射のときの 消毒もアルコールではないもの(?) を使ってもらっています。 真っ赤になっちゃうんですよね(^_^;) ですが、 飲み会の席の雰囲気は好きで、 よく参加します。 私が最初に決まって頼むのは、 「ジンジャエール」 です。 単純に味が好きなのと、色味と炭酸が ちょっとだけ

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.