検索
  • 伊藤真哉

行動するにはやる気が必要なのか?

モチベーションと聞くと、どんなイメージを

お持ちでしょうか?

辞書には、

『人が行動を起こすときの動機』

なんて風に書かれていることが多いです。


つまり、先にモチベーション(やる気)が

あって、それに基づいて行動があると

考えられています。


一般的にはそうなのですが、中には

例外もあります。

あなたの周りにもこんな人はいないで

しょうか?


iPhoneやスマホが出始めたころ、

自分はガラケー派だからと頑なに

こだわっていた人。

自分は現金主義だからと、電子マネー

を使わずに切符にこだわる人。

このように、自分のポリシーにこだわる

人がときどきいます。

しかし、何らかのきっかけでそれらを

使わないといけなくなったりすると、

それをきっかけにポリシーが一気に

変わることがあります。

猛烈に反対していた人が、いったん

賛成派に転じると、他の人よりも熱心な

支持者になることがありますよね?

これを、

「認知的不協和の理論」


と言います。

人は心の中に葛藤があると不快なため、

それを解消するように動機づけられる。


という人の心理についての理論です。

例えば喫煙者。

喫煙が身体に悪いこは知っています。

ですので禁煙できれば不協和(不快感)は

起きないけれど、やめられないために

不協和が起きます。

この不協和をなんとか低減しようとし、

結果、

「タバコを吸うことでストレス解消になっている」

「タバコを吸わなくても肺ガンになる人はいる」

などと、自分を肯定するように認知を変更

したりするのです。


これを応用すると、人はとにかく一歩自分

で行動を起こしたら、その事実に合わせて

態度を変えるということになります。


つまり、やる気を出させるには、まず行動

させて事実をつくることができればよいの

です。

やらされ感ではなく、あくまでもその人の

自分の意志で行動させることがポイント

です。

「やる気出せよ」

「頑張れよ」

とモチベーションを上げようとしても、

そう簡単に気持ちは変わりません。

それよりも、行動するようサポートし、

やってみることへの心の壁を壊して

あげることが効果的です。


そこでうまくいけば、その方の自己効力感

(自信)にも繋がります。


「考える前に、とにかくやってみろ」

(やる気の前に行動)



意外と理にかなっているのかもしれ

ませんね。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

夢は叶わないかもしれないけど…

私は、小さいころはケーキ屋さんに なりたいと思っていました。 理由はいたって単純で、 「毎日ケーキが食べられる!」 そんな理由でした。 田舎で育った私にとっては、たまに 食べられる不二家さんのケーキが、 とても楽しみでした。 結局、私は製菓の学校に行くこともなく、 いまとなってはその夢もかわいらしい 思い出となっています。 夢や目標を持つこと これが大事だということは、人から言わ れたり、本で読ん

人に対してできることは、自分のして欲しいことの裏返し?

障害福祉に携わるようになってから、 ずっと気になっていることがあります。 それは、 なぜ、施設の利用者さんに対しては その方のことを考えて丁寧に接する ことができるのに、 なぜスタッフに対しては それができないのか? という疑問。 スタッフさんたちは、いつも利用者さん のことを考え、 「どんなことに困っているのか?」 「どうしたらできるようになるのか?」 「どうしてそういう行動をとるのか?」 そん

自分の悩みの中にいるときは

このような仕事をしていますと、 普段からいろいろな悩みや困りごと といった相談があります。 ・人間関係の悩み ・仕事の悩み ・今後の人生の不安 ・選択を決定できない悩み ・自分に自信が持てない など、悩みの種類は人それぞれです。 また、同じような悩みであっても、 その受け止め方も人それぞれ。 感情が自分に向く人もいれば、 相手に向く人もいる。 何事も楽観的に捉える人もいれば、 悲観的に捉えてしまう

お気軽にお問い合わせください

※原則、土日祝日を除き36時間以内に返信いたします※

 Career Solution Labo.    
〒061-1153                           
北広島市富ケ岡912番地1       
✉:info.cslabo@gmail.com 

© Career Solution Labo.